ソニー一覧

【新商品】ソニーが、完全ワイヤレスイヤホン「h.ear(ヒア)シリーズ」の新製品「WF-H800」を発売

想定税別価格は2万2000円です。 上位機種として人気の「WF-1000XM3」がありますが、「WF-H800」はノイズキャンセリング性能や左右独立伝送などの機能は付いていません。ワイヤレス充電ができない、防水や防滴も非対応です。 操作は、タッチセンサーではなく物理ボタンで押すタイプです。

ソニーが、ネックバンド型のBluetoothイヤフォン「WI-C310」「WI-C200」2モデルを7月6日に発売すると発表

私も、完全分離型やネックバンド型の「BeatsX」を使用していますが、このネックバンド型のBluetoothイヤフォンの方が、分離型より断然使い易いのです。耳からすぐ外しても、失くす心配もない、音楽を聴きながら歩いていて、知り合いに会った時など、すぐに耳から引っこ抜けるのは便利です。

ソニーが、環境音を聞きながら音楽や通話を楽しめる、デュアルリスニングが可能な有線イヤフォン「STH40D」を6月22日に発売すると発表

ノイズキャンセリング機能が欲しいときもありますが、街中で歩きながら音楽を聴きたい場合などは、むしろこんな耳穴を塞がないタイプのイヤフォンの方が、耳の為にも、歩行の安全の為にも、良いのではないかと思います。 一度試してみたいですね。 最近、SONYから、これでもか!というほど、有線、無線を含めた新製品のイヤフォンがリリースされています。

ソニーモバイルコミュニケーションズが、耳をふさがない左右独立型のワイヤレスヘッドセット「Xperia Ear Duo」を発表

「デュアルリスニング」 耳の後ろに配置したドライバーユニットから鼓膜へダイレクトに音を届けるソニー独自の音導管設計によるオープン構造を採用し、「デュアルリスニング」を実現。 2)ソニーモバイル独自開発のボイスアシスタント Assistant for Xperiaが生活をサポート 音声またはヘッドジェスチャーによる直感的な操作により、接続したスマートフォンの通話の発信、メッセージ送信や音楽再生などが可能です。 ・Assistant for Xperiaは、問いかけに答えるだけでなく、自らユーザーに語りかける「デイリーアシスト」機能を搭載します

ソニーが、左右完全分離型のBluetoothイヤフォン「WF-1000X」を発表しました。2017年10月7日発売予定です。

2017年9月5日、 ソニーが、左右完全分離型のBluetoothイヤフォン「WF-1000X」を発表しました。2017年10月7日発売予定です。 市場予想価格は、26,000円前後。 左右独立型ワイヤレスヘッドホンで業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を有しています。