ソニーが、ノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」を発売

2019年7月13日、
ソニーが、ノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」を発売。

Bluetoothヘッドホン「WH-1000XM3」に搭載した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」と共通の技術を採用し、完全ワイヤレスモデル向けに独自開発したという「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」を装備したモデルです。

AirPodsよりも高いですが、左右独立伝送(接続の安定性と遅延に優れた)を実現している高機能なモデルが登場しました。

ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」

特徴
■人間工学に基づき、耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用

■一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込んで聞きやすくする「クイックアテンションモード」を完全ワイヤレスで初めて搭載。

■音楽を聴きながら、周囲の音も聞ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」に切り替えることも可能

■ノイズキャンセリングのON/OFFや、外音の取り込み方のレベルを22段階で調整可能

新Bluetoothチップ採用とアンテナ構造の最適化で、接続安定性大幅UP+動画視聴時の音声遅延を改善

■CDやMP3などの圧縮音源の高音域を補完し、ハイレゾ相当の高音質を楽しめるDSEE HXを完全ワイヤレスで初搭載

■左右それぞれのタッチセンサーに割り当てる機能を自由に選択することが可能。
音楽の再生/停止や、外音コントロール、Siri、Googleアシスタント等の選択が可能。

最大6時間連続再生可能なバッテリー+充電ケース3回充電で24時間バッテリーが持続

・「WF-1000XM3」サイト
https://www.sony.jp/headphone/special/wf-1000xm3/

関連記事
ソニーが、4GBメモリーを内蔵した防水完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」を発表

ソニーが、環境音を聞きながら音楽や通話を楽しめる、デュアルリスニングが可能な有線イヤフォン「STH40D」を6月22日に発売すると発表

ソニーモバイルコミュニケーションズが、耳をふさがない左右独立型のワイヤレスヘッドセット「Xperia Ear Duo」を発表

ソニーが、CESの前日プレスカンファレンスを開催して、左右分離型で世界初NC/防滴イヤフォン「WF-SP700N」を発表しました。

Beats by Dr. Dreが、完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」を発表
Appleのネックバンド型のBluetoothイヤフォン「BeatsX」を買ってみました。

自分が欲しいと思う「完全分離型のBluetoothイヤホン」 まとめ 

完全ワイヤレスイヤフォンの最新機能について、ちょっとお勉強です。

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください