【新商品】ソニーが、1.1万円の完全ワイヤレスイヤホン「WF-C500」を発表しました。

2021-09-30、
本日は新商品の紹介です。ソニーが、1.1万円の完全ワイヤレスイヤホン「WF-C500」を発表しました。 10月8日に発売。

今年発売された最上級モデル「WF-1000XM4」(3万3000円)の音質、基本性能、装着設計を継承しつつ、価格を抑えたモデルだそうです。 ですので『ノイズキャンセリング機能』や『外音を一時的に取り込む機能』には非対応です。しかし「360RA対応(立体的な音響)」が注目点です。

私は、先日、Beatsの新型ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds(17,800円税込)」を手に入れましたので、買うつもりはありませんが、価格は1万1000円前後ですので、もう1台有っても良いかなと思います。

WF-C500

色は、アイスグリーン・コーラルオレンジ・ホワイト・ブラックの4色。
重さ:イヤホン本体が約5.4g、充電ケースが約35g。

特徴
・ボーカルが自然で明瞭なサウンドを目指した。ユニットは5.8mmのダイナミック型。
・圧縮された音源をCD音質相当まで補完して再生する「DSEE」機能も搭載。
・アプリの「Headphones Connect」を使い、イコライザーの調整も可能。
・360 Reality Audio認定モデルで、全方位に広がる音に包まれるような音楽体験も可能。

・専用アプリで耳を撮影し、その形に合わせてイヤフォンのサウンドを最適化する事で、よりリアルな臨場感が楽しめる。

・対応Android端末と簡単にペアリングできる機能「Fast Pair」に対応する。
・Windows 10 PCと簡単にペアリングできる機能「Swift Pair」に対応する。

・対応コーデックはSBC/AAC。

・連続再生時間
イヤホン単体で約10時間で、ケースでは約10時間分の充電が可能。
急速充電機能にも対応し、10分の充電で約1時間の再生が可能としている。

WF-C500

▮「WF-C500」 SONYサイト
https://www.sony.jp/headphone/products/WF-C500/

関連記事
Beats(ビーツ)の新型ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds」を使ってみました。

【新商品】サンワサプライが、IPX7の防水に対応した完全ワイヤレスイヤフォン「400-BTTWS2BK」を発売しました。

Beats(Beats by Dr. Dre)が、ネックバンドワイヤレスイヤフォン「Beats Flex」を10月21日より発売すると発表しました。 価格は5400円(税抜)。

パナソニックが、同社初の完全ワイヤレスイヤホン3製品を発表しました。 発売は4月中旬発売予定。


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする