ソニーが、ネックバンド型のBluetoothイヤフォン「WI-C310」「WI-C200」2モデルを7月6日に発売すると発表

2019年6月11日、
ソニーが、ネックバンド型のBluetoothイヤフォン「WI-C310」「WI-C200」2モデルを7月6日に発売すると発表しました。

SONYから、珍しく、値段の安いBluetoothイヤフォンが出てきました。

これ良いのではないでしょうか。

私も、ネックバンド型の「BeatsX」を使用していますが、このネックバンド型のBluetoothイヤフォンの方が、完全分離型のイヤフォンより断然、使い易いのです。音切も無いし、耳からすぐ外しても、失くす心配もない、音楽を聴きながら歩いていて、知り合いに会った時など、すぐに耳から引っこ抜けるのは便利です。

首にかけて使用する時のコツは、襟に「ケーブル」が擦れる場合が有りますので、ちょっとねじってから耳に装着すると、ケーブルが襟などに触れなくなります。

ネックバンド型のBluetoothイヤフォン

重量は約19g。

価格
・光沢ハウジング&フラットケーブルの「WI-C310」が5,000円前後
ブラック、ホワイト、ブルー、ゴールドの4色

・マット仕上げの「WI-C200」が4,500円前後
ブラックとホワイトの2色。

特徴
■スマホのハンズフリー通話にも利用可能で、HD VOICEに対応。

■音声アシスタントも利用可能で、Siri/Googleアプリを起動可能。

■ケーブルのコントローラ部で、接続機器の音楽再生/一時停止、曲送り/戻し、着信/終話の操作が可能。

■最大15時間動作。
充電時間は3時間。10分の充電で約1時間利用できる。

■充電用のUSB Type-Cケーブルや、ハイブリッドイヤーピース(S/M/L)が付属。

・商品情報
https://www.sony.jp/headphone/products/WI-C310/

関連記事
Appleのネックバンド型のBluetoothイヤフォン「BeatsX」を買ってみました。

自分が欲しいと思う「完全分離型のBluetoothイヤホン」 まとめ 

初めて、完全左右独立型のワイヤレスイヤホンERATO(エラート)の「VERSE」を購入してみました。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください