子育て一覧

【書籍紹介】 毒親  中野 信子 (著)

この「毒親」の書籍は、何冊も読んでいて、信子ちゃんも、脳科学で、ガンガン攻めてくると思いきや、ちょっと、静かに語っています。 冒頭で、「パンドラの箱」を開けるような気持ちでと、書いていますが、今回の信子ちゃんの書き方は、なぜか、やさしい書き方になっているように思います。脳科学的な知識も出てきますが、親の悪口を記載することも無く、やはり、この子はいい子なんだなと思います。

多分、発達障害の疑いのある実子を叱り、嫁(母親)に「虐待」だと、離婚を突き付けられた夫の悲劇について

多分、発達障害の疑いのある実子を叱り、嫁(母親)に「虐待」だと、離婚を突き付けられた夫の悲劇について とても、「虐待」をするような男には見えないのだが、子供を叱る時、子供はどのような状態で、父親の心理状態は、どのようだったのか。 それを観た母親が、どう反応したのか。。。なのですが、2人にどのような「認識」の違いがあるのかです。

【書籍紹介】「死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威」 (光文社新書) 岡田 尊司 (著)

精神科医の岡田 尊司氏の書籍ですが、過去に何冊も拝読していますが、ちょっと視点を変えて、「愛着障害」について、どのような影響が出るのか、「死に至る病」として記載されています。 「愛着障害」の場合、生まれつきではなく、生まれた後の養育期間で劣悪な環境下で育つと、脳が機能不全を起こし発症しますが、劣悪な環境下とは、養育者である親の責任でもあります。

【なるほどと思う記事】 孤独な出産・子育てはまるで「蟹工船」 なくならない児童虐待に若新雄純氏

娘がいるお父さんは、この様な社会的な問題に、いないお父さんより関心が、あると云う記事を以前読んだことがありますが、私も、年頃の娘が2人いますので、この「男社会」の中で、女性がどう生きてゆくのかについて、やはり関心があるように思います。

愛着障害について 「愛着」とは何ぞや。。「愛着」がなぜ必要か

「愛着」とは何ぞや。生後6ヶ月頃より、幼児は母親をはっきりと見分けることができる様になります。「人見知り」もこの頃から発生します。2歳頃までの期間に、身近な特定の養育者に対して守ってくれる人に依存する感情「愛着」を抱きますが、これが満たされない状態で養育されると愛着形成が上手くゆかず、成長過程で「愛着障害」になります

【重要記事:子育て】子どもを「大切に大切に」しながらダメにする親と云う記事が、面白い。

千葉大学教育学部附属小学校教諭 松尾英明さんの文章です。 子供の問題を捉える時に、社会的な問題なのか、脳の「障害」の問題なのか、だとすれば、遺伝している場合もあり、生物学的な連鎖も考える必要がありますので、本当に難しいのです。

はてな匿名ダイアリー、「保育園落ちた日本死ね」の書き込みに思う。

少しくらいお金が無くても、1歳位の幼児を保育園に預けないで、一生懸命、自分の手で育てている母親も「一億総活躍社会」の立派な一員です。 幼児を抱えた「母親」には、大切な、大切な「役目」がある事をお忘れか? 幼児を抱えた、貧乏でもない「母親」が働くことが「一億総活躍社会」か? この国、どこかおかしい。