札幌Appleストアの福袋を買うのは、命がけです。

明けまして、おめでとうございます。

もう、2日目ですが、過酷な環境下で頑張った人と、「ジレンマ」と戦う高齢者のお話を

Sponsored Links





札幌Appleストアの福袋を買うのは、命がけです。

警備員さんが、「凍死」していないか「生存確認!」していたそうです。
人は、寒くなると、眠くなるのです。 寝ると、自分と永遠に「さよなら」しなくてはなりません。

初売りに徹夜で並んでいる人達は、皆で、協力して、朝まで頑張ると云う、意識は薄いのでしょうか?
男どもは、本当に、孤独が大好きなんですね。 SNSは使うが。。。。こんな時、共有しようとしない。。。こんな頭の構造が哀れです。

福袋を手に入れた時の「うれしさ」をかみしめる為に我慢する。

心理学の実験でも、子供(4歳児)に目の前にある「マシュマロ(お菓子)」を食べずに我慢したら、戻ってきたら、もう1つあげると言ったら、我慢している子と、我慢できない子がいるそうで、我慢できた子供を追跡調査すると、面白い事が分かったそうです。

どうも、我慢できた子の「脳」機能が、高い様です。

意志力が高いとは、「歯を食いしばって誘惑に耐える」ことだと思われがちですが、そうではなく、逆のことでもあると言えます。

「満足を遅延させる」ことは、「関心を戦略的に配置する」(マシュマロから気をそらす方法を科学的に説明した表現)ことができるかどうかにかかっている。子どもたちの欲求は、克服されたのではなく、そらされ、忘れ去られたのだ。満足を遅延できた子どもは、「自分の意志力が限られたものであることを理解していた。マシュマロのことを考えてどんなにおいしいかと思ったりしたら、それを食べてしまうだろう。まずはそれを考えないようにすることが鍵なのだ」とミシェル氏は語った。

参考:WIRED サイト

年金もそうか。。。。でも、「年金」はちょっと違うかもと。。。。。「脳」を少し切り替える必要があります。
なぜなら、もう、先があまり無い。。。。という事です。

つまり、次の日、朝起きて、自分に気づけば生きている、自分に気づかなければ、「動的平衡」が終わった証拠です。
戦略的では無く、「その日暮らし」なのですから。。。 まあ、「憎まれっ子、世にはばかる」とも言われますが。。。

通常、65歳に受け取る年金を、少し早く受け取るようになると、受給金額は少なくなる。しかし、70歳を過ぎるまで受け取らなければ、受け取る時の受給金額はすこし多くなる。

これは、「ジレンマ」ですが、金に困っていなくてもシンプルに考えた方が良いように思います。

あと、何年「自分とさよなら」しないで済むか。。国の年金政策が、途中でどのように変更されるか?

老い先が見えない場合は、「我慢」せずに、さっさと、受け取った方が、正解の様な気がします。
だって、我慢して貰わないでいて、「自分とさよなら」したら、永遠にもらえないんですよ。

Sponsored Links