ファーウェイが、同社初となるWindows 10搭載の12型タブレットPC「MateBook」を発表

2016年7月4日、
ファーウェイが、同社初となるWindows 10搭載の12型タブレットPC「MateBook」を発表しました。 発売日は7月15日、 価格は69,800円(税別)から。

価格の幅も、6万9800円、10万9800円、最上位で12万9800円の3モデルです。

ついに、ファーウェイが、Windowsタブレットを作って、PC市場に参入してきましたが、売れますか。。。タブレットですが、Windowsの場合はPCですね。

「MateBookキーボード」が14,800円(税別)ですので、一番安い本体と合わせると8万4600円になりますので、ちょっと痛いですね。

まあ、Microsoftの「Surface」も同じような売り方をしていますので、仕方ないか。。。
しかし、スマホ、タブレットが普及して、本当にパソコンを必要としているユーザーしか、購入しなくなっているので、数は売れないでしょう。 もうあと2万円くらい安ければ、5万前後になりますので、欲しいなと考えます。

いくら、Windowsでも、タブレットに5万円以上、出す気になれません。

Sponsored Links




MateBook_001
カバー兼キーボードは、別売です。

MateBook_002

サイズ:約278.8×194.1×6.9mm、重さ:640g(キボードケース別)

スペック
・CPU      :Skylake世代のCore m3/m5/m7
・OS        :Windows 10 Home
・ストレージ   :128GB or 256GB SSD
・画面      :12型液晶(2160×1440ドット)
・バッテリー容量 :4430mAh(連続駆動時間は公称10時間)
・指紋認証機能を搭載
・無線LAN      :IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth 4.0

CPUモデルやメモリ、ストレージの異なる3モデルを用意されています。

ラインナップ> 当初3モデル
・Core m3-6Y30/4GBメモリー/128GB SSDモデルはウェブ直販専用かつグレーのみで6万9800円(税別)。
・Core m5-6Y54/4GBメモリー/128GB SSDが10万9800円(税別)。
・Core m5-6Y54/8GBメモリー/256GB SSDが12万9800円(税別)。

オプション
・本体ケースやスタンドにもなる「MateBookキーボード」  :14,800円(税別)
・2,048段階の筆圧検知に対応したスタイラスペン「MatePen」: 7,800円(税別)
・ポートリプリケータ「MateDock」            : 9,800円(税別)
(外部出力やLANポートなどのインターフェイスを装備)

cbg-stylus-column-2

関連記事
マウスコンピューターが、「Windows 10 Pro」を搭載した10.1型タブレット「MT-WN1001-Pro」(着脱式キーボード付属)を発売

DELLが、世界初の4K対応2in1タブレット「New XPS 12 2-in-1」を発売

士通が、12.5型の着脱式Windows10搭載タブレット「arrows Tab RH77/X」を発表

いよいよ、延期されていた「Core i7」プロセッサ搭載版「Surface Pro 4」が、1月22日より国内発売

ビックカメラが、19,224円(税込)の8インチWindows 10タブレット「SG080i」を販売開始

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*