Parrotが、最高時速80kmの固定翼ドローン「Parrot Disco」を10月から国内販売すると発表

2016年9月27日、
フランスのParrot社が、最高時速80kmの速度が出る固定翼ドローン「Parrot Disco」、専用コントローラー「Parrot Skycontroller 2」と専用ヘッドマウントディスプレー「Parrot Cockpitglasses」を10月から国内販売すると発表しました。
価格はセットで19万4400円。

ここんとこ、「GoPro」や「京商」、「Parrot」の新型ドローンのリリースが続いていますが、どうも、このドローンは一機も所有していないのですが、気になりますので、紹介します。 いつか、どれか1機、購入するぞ!

DJIも新しいドローンをリリースしましたので、後で、記載します。

Sponsored Links





parrot_disco_201

本体サイズ:W1150×D580×H120mm、重量:750g。

・上図、下段左:専用コントローラー「Parrot Skycontroller 2」
・上図、下段右:専用ヘッドマウントディスプレー「Parrot Cockpitglasses」

※【付属の専用コントローラー「Parrot Skycontroller 2」】
専用コントローラー「Parrot Skycontroller 2」にR/C受信機を搭載することで、R/C用送信機を用いてマニュアルでの操作も可能。

※【付属の一人称視点(FPV)の専用ヘッドマウントプレイ「ParrotCockpitglasses」】
撮影した空中映像をライブストリーミング配信可能。まるでコクピットにいるかのようにフライトを体感できる。
無償のアプリ「FreeFlight Pro」を使い、iOSまたはAndroidのスマホ/タブレットと接続することで、動画ストリーミングを楽しむことも可能。
アプリ「FreeFlight Pro」は、機体内蔵の32GBメモリーでの動画撮影などを行なうためのプラットフォームとしても機能する。

※【ドローン操作用アプリ「FreeFlight Pro」】
では、速度、高度・距離の制限、Wi-Fi接続の管理、写真/動画パラメーターなどを設定可能。「Parrot Disco」で撮影しながらライブ視聴も行える。

本体機能
・Parrot Discoは、小型の固定翼ドローンです。
・機体材質 :EPP(発泡ポリプロピレン)とカーボンチューブです。750gと軽量です。
・プロペラ :折り畳み式の2ブレード・プロペラを装着したブラシレス・モーター
・速度   :時速80km
・飛行時間 :およそ45分間の連続飛行が可能。
・カメラ  :1,400万画素のカメラと機体内に搭載する32GBメモリーにより、フルHD動画の空撮映像を記録できる。

自動操縦機能
自動操縦装置「ParrotC.H.U.C.K.(Control Hub & Universal Computer for Kit)」を採用
・自動での離着陸が可能。
・離陸は、離陸スイッチを入れてフリスビーのように投げると、50mの高度まで上昇する。
・着陸は自動的に高度を6mまで下げ、「リターンホーム機能」と「ジオフェンス機能」により、離陸場所へと帰還。
・補助翼の角度を微調整し水平を保ったり、失速しない最低速度まで速度を上昇させたりする飛行状態の制御をサポート。

大半のR/C送信機に対応
接続すれば完全マニュアルモードで固定翼ドローンのアクロバット飛行ができます。

・「Parrot Disco」 パロット サイト
https://www.parrot.com/us/drones/parrot-disco-fpv-0#-parrot-disco-fpv

Sponsored Links










関連記事
京商(KYOSHO)が、レース向けドローン「DRONE RACER」を11月25日に発売すると発表
GoProが、アクションカメラ2機種を10月2日に発売すると発表しました。折りたたみ式ドローン「GoPro Karma」も10月23日に発売予定
パロット社が、ホビー用ドローン「Parrot Bebop 2」の日本国内の発売を開始
ドゥモア社が、米Lily Robotics社製の自撮りドローン「リリー・カメラ」を国内販売

DRONE(ドローン)が欲しい。。。です。 どんなドローンが有るの?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です