パナソニックが、モバイルノートPC「Let’snote」の2017年夏モデルを発表

2017年6月2日、
パナソニックが、モバイルノートPC「Let’snote」の2017年夏モデルを6月16日から発売すると発表しました。

こうして、「Let’snote」をみていると、国産車で云えば「いつかは、クラウン」、PCの世界では、「いつかは、Let’snote」でしょうか。。。。パワーユーザー向けの1台を確保したいものです。

今回、特に「XZ6」シリーズのタブレットとキーボードベースユニットの両方に電池が搭載されていて、切り離しても、ドッキングしても、電池の心配なく使用できるのが、良いですね。

しかも、「キーボードベースユニット」の単品販売もするようで、2台買うのは贅沢ですが、あると、タブレット部(重さ:約655g)だけ持ち運びでOKになりますので、大変Goodです。

Sponsored Links





下記の4シリーズです。
・2in1タイプ     :12.0型「XZ6」、10.1型「RZ6」
・クラムシェルタイプ :12.1型「SZ6」、14.0型「LX6」

1)「XZ6」シリーズ 12.0型 QHD

タブレット部にも、バッテリー(L)を内蔵した、長時間駆動モデルがあります。

タブレット部内蔵バッテリーの容量が倍になり、タブレット単体で約9時間、キーボードベースと合わせて最大約18.5時間の長時間駆動が可能になります。

これまでは、タブレットとキーボードベースユニットのセットで販売していたが、「キーボードベースユニット」の単品販売もする。実売価格は5万6000円前後。

タブレット部の重さは約655g、キーボードベースユニット部と合わせて約1.214kgとなる。

使う場所に、複数台置いておいて、タブレット部だけを持ち運ぶ。。。と云った使い方が、贅沢ですができますね。

「CF-XZ6BFYQR」は、LTE(nano SIM)ワイヤレスWAN対応です。

・XZ サイト
https://panasonic.jp/cns/pc/products/xz6b/

2)「SZ6」シリーズ 12.1型 WUXGA

高速なSSDと大容量1TBのHDDの種類のストレージを搭載し、高速処理と大量のデータ保存を両立。 5モデルあります。

尚、2016年夏モデル:CF-SZ5WDKRR は、「Windows 10 Proダウングレード権」を行使する方式で、Windows 7搭載しています。

・SZ サイト
https://panasonic.jp/cns/pc/products/sz6b/

3)「RZ6」シリーズ 10.1型 WUXGA

10.1型の2イン1モバイルノートで、745gの小型軽量ボディーです。
OSがWindows 10 Pro 64bit版になったことのみです。

ディスプレー部分が360度回転してタブレット型にもなります。

・RZ サイト
https://panasonic.jp/cns/pc/products/rz6a/

4)「LX6」シリーズ 14.0型 Full HD

高速なSSDと大容量1TBのHDDの2種類のストレージを搭載し、高速処理と大量のデータ保存を両立しています。 2モデルあります。

・LX サイト
https://panasonic.jp/cns/pc/products/lx6b/


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*