Microsoftが、2in1 PCの新モデル「Surface Go 2」、「Surface Book 3」を発表しました

2020年5月6日(現地時間)、
Microsoftが、2in1 PCの新モデル「Surface Go 2」、「Surface Book 3」を発表しました。5月12日から順次発売する。

PCの発表に合わせて、ヘッドフォン「Surface Headphones 2」とイヤフォン「Surface Earbuds」も出してきました。

これよりも、注目している新製品は、「Surface Neo」と「Surface Duo」です。
・Surface Neoは、9インチの画面を2枚搭載した2in1のミニノートサイズのPC
・Surface Duoは、5.6インチの画面を2枚搭載したスマートフォン(Android)
コロナの影響で、発売時期が、大きく遅れるようですが、ちょっと楽しみです。

Surface Go 2, Surface Book 3,

Surface Go 2

Microsoftの「Surface」は、タブレットの形をした、純粋のWindowsPCですので、そのつもりで使うとなると、キーボードは必須です。

せっかく、価格を抑えていますが、キーボード付きケースは別売ですので、ケースを付けると+1万5千円前後かかりますのでちょっと高くなります。

モデル CPU:Intel Pentum メモリ ストレージ 価格(税込)
Wi-Fiモデル  Gold 4425Y 4GB 64GB(eMMC) 6万5780円
 Gold 4425Y 8GB 128GB(SSD) 8万5580円
LTEモデル Intel Core m3 8GB 128GB(SSD) 10万7580円

OSはWindows 10 Home(Sモード)ですが、Sモードを解除することは可能です。

Surface Book 3

Appleの「MacBook Pro」の様に高性能ですが、高価です。 ただ、違う所はキーボードと画面を分離できます。 ただ、Surface Bookは、WindowsPCですので、分離できるのは、良いのか、悪いのかは、使い方次第です。

外付けGPUを内蔵(15型のみ)したキーボードドックと専用のドッキングコネクターでタブレット部分を接続することにより、クラムシェルタイプのノートPCとしても使える2in1 PCです。

日本仕様は6月5日発売予定で価格は20万9880円から

・13.5型が20万9880円~34万1880円
・ 15型が29万2380円~37万4880円

Surface Headphones 2

249ドル(日本仕様は税込3万2428円)

Surface Earbuds

機能
・Bluetooth 4.1/4.2準拠
・コーデックは SBC/aptXをサポート。
・2つのマイクを備え、音声認識と通話が可能。
スマホやPCと連携し、音声アシスタントを呼び出せる。
Microsoft 365のサブスクリプションを登録していれば、Word、Outlook、PowerPoint で、音声の文字起こしが可能。

対応OS
Windows 10、Android 4.4、iPhone 5(iOS 9)以降の端末。

価格は199ドル(日本仕様は税込2万3980円)

関連記事
女子大生の娘に、Microsoft、Windowsタブレット「Surface Go」を選択した理由。

日本マイクロソフトが、一般消費者向け 「Surface Go」 LTE Advanced 対応 SIMフリーモデルを、1 月 29 日 (火) より発売

Microsoftが、イベントにて2画面折りたたみ式Surfaceタブレット「Surface Neo」を発表しました。 2020年発売予定。 

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする