【新商品紹介】 折りたたみスマホ2台と、折りたためる画面のレノボのモバイルPC1台です。

2021年3月6日、
本日のお題は、高価で、とても買えないが、ちょっと気になる折りたたみ端末についてです。

本年も、もう3月ですね。 1年は365日ですが、週に直すと56週しかありません。

私は、ほぼ毎年のことですが、これから1か月間くらい、ちょっと寂しい思いで暮らす時期に来ました。

それは、スタバで、いつも仲良くしてもらっている女子学生の娘たちの何人かが、卒業して旅立ってゆくのです。 今年は、更に、スタバOBで、私の後輩の大切な娘で、札幌市内の銀行に勤めていましたが、彼氏と一緒に、北海道の遠い所に、嫁に行ってしまいます。 この子は、一番心配でしたが、やっと嫁に行きます。

他のスタバのお姉さんたちは、この卒業時期になると「寂しくなりますね!」と、私の顔を覗きながら言い放つのですが、娘たちは、まだ沢山いるし、「すぐに忘れるから大丈夫! 寂しくない!」と強がりを言ってごまかすのです。

「スタバ通い」は十数年になりますので、大学生、社会人で婚活中、結婚して妊活中、チビが生まれて子育て中と、まあ、人生の途中ですが、バリエーションに富んでいるのです。 私も、「孫?」を抱かせてもらえる日が、近づいているのです。 それぞれ、色々な人生の節目が見れるのが良いですね。

でも、大丈夫な娘と、大丈夫なのかな?と心配になる娘が居るのですが、十数年経ちますが、いまだ、崩れた娘は居ませんので、これからも無事を祈るだけです。

サイコな私ですが、「心、ここにあらず」の様な精神状態にまでの心境になるのは、数年に1回くらいですが、今年の春は、大丈夫な様な気がします。

こうして、私の前から、皆、消えるのですが、札幌駅でバッタリ会った時は、仕事をキャンセルしてでも、「拉致・誘拐」いや、娘たちに時間があれば、誘って、小一時間、何か「甘い物」でも食べながら、お互いに近況をお話をするのが楽しみの一つになっているのです。

30歳前後の札幌市在住の独身男子、いい子を紹介しますよ!。 でも、「審査」は、まず私がしますので、ちょっと厳しいですよ。

「結婚紹介所」が開けます。
昔の世話好きの「おばさん」ではなく、世話好きの「ジジイ」ですが。。。

また、脱線していますので、本題に入りますが、「結論」から先に言っちゃいます。

この折りたたみのスマホは、きっと流行らないでしょう。

なぜなら、値段が高すぎるという事と、このようなスマートフォンを使いこなせるユーザーが少ないし、無くても2台持ちになるが、「タブレット」があるから困らないでしょう。

私なら、どうしても欲しければ2台持ちになるが、「iPad Mini」を買ってしまいますね。

世の中に出るのが、10年早いと云うか、十年経てば、ディスプレイは、もっと薄くペラペラになっているでしょう。 過渡期の商品なのでしょうね。

まずは、折りたたみ式の5G対応のスマートフォン2台です。

1.「motorola razr 5G」 モトローラ

直販価格は、17万9800円(税込) 高性能なパソコンが買えてしまいます。

国内キャリアでは、ソフトバンクの独占販売になり、3月下旬以降に発売します。モトローラが日本で投入する初の5Gスマートフォンです。

motorola razr 5G

サイズ
・開いた状態が約72.6(幅)×169.2(高さ)×7.9(奥行き)mm、
・閉じた状態が約72.6(幅)×91.7(高さ)×16(奥行き)mm、
・重量は約192g。

razr 5Gの特徴
▮従来型ケータイのように、縦方向に、谷折りできるスマートフォンです。。

▮本体を開くと、アスペクト比21:9の6.2型HD+(876×2142ピクセル)有機ELディスプレイを利用可能です。

▮「クイックビューディスプレー」を搭載し、折りたたんだ状態でもアプリの起動が可能

スペック
・プロセッサ   :QualcommのSnapdragon 765Gを搭載。
・メインメモリ  :8GB
・内蔵ストレージ :256GB
・バッテリー容量 :2800mAh
尚、おサイフケータイや防水・防塵(じん)には対応していない。

ソフトバンクが、こんな端末を販売する真意は何なのかは分かりませんが、5Gの時代になった時に、こんな端末で何をするのか? ですが、使い道がまだよく見えてこないですね。

・ソフトバンク プレスリリース
https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2021/20210304_03/?sbpr=info

2.「Mate Xs」 Huawei

今年2月、スペイン・バルセロナで新型折りたたみ(フォルダブル)スマートフォン「HUAWEI Mate Xs」を発表したばかりです。

8GBメモリ+512GBストレージモデルの想定販売価格は2499ユーロ(約30万円)

Mate Xs

Mate Xsの特徴>
▮ディスプレイを外側に折る「山折り式」であること。
▮折りたたんだ時も、ベゼルの薄い大きい画面を提供できます。

尚、サムスンの「Galaxy Fold」は内側に折る「谷折り式」で、この機構の場合は、外側のディスプレイを別途用意する必要がありますし、強度を考えるとベゼル幅を薄くすることは難しくなります。

・ファーウエイ 商品サイト
https://consumer.huawei.com/en/phones/mate-x-s/

3.ThinkPad X1 Fold  レノボ

ThinkPad X1 Fold は、13.3インチ有機ELディスプレイが二つに折れて、本のように持ち歩ける、5G通信機能を内蔵する「Windows 10」のPCです。 価格は、なんと約40万円(税込)ほどです!

何でしょうね? Windowsの入った、折りたためるタブレットとでも云うのでしょうか、何とも不思議な端末です。

ThinkPad X1 Fold

本体重量は約973g。

特徴
▮カーボンファイバーを使用したボディに高級感のある革製のカバーをあしらい、折りたたむと本や手帳のように手軽に携帯できます。

▮あなたにあわせて表示するLenovoモードスイッチャーを使って、画面上のウィンドウをあなたが使いたいように向きを変えることが可能です。
画面を2つに分割したり、1つの大きなディスプレイを全幅表示にしたりすることが、すばやく簡単にできます。また、必要なときには自動的にオンスクリーンキーボードを表示するように調整します。

▮オプションでLenovo Bluetooth Mini Foldキーボードもあります。

スペック
・プロセッサー :インテル Core i5-L16G7 プロセッサー (1.40GHz, 4MB)
・OS     :Windows 10 Home 64bit
・メモリ   :8GB LPDDR4X 4266MHz (PoP)
・ストレージ :256GB ソリッドステートドライブ (M.2 2242, PCIe-NVMe)
・画面    :13.3型QXGA液晶 (2048×1536) 折りたたみ式、OLED、光沢あり、300nit、マルチタッチパネル(10点)

レノボ 商品サイト

関連記事
マイクロソフトが、Androidベースの2つの5.6インチスクリーンを搭載した折りたたみスマホ「Surface Duo」を近日発売か。

Motorola(モトローラ)が、6.2型OLEDの折りたたみスマホ「Razr」を発表しました。

Microsoftが、イベントにて2画面折りたたみ式Surfaceタブレット「Surface Neo」を発表しました。 2020年発売予定。 

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする