Microsoftが、イベントにて2画面折りたたみ式Surfaceタブレット「Surface Neo」を発表しました。 2020年発売予定。 

2019年10月2日(米国時間)に、
Microsoftが、イベントにて2画面折りたたみ式Surfaceタブレット「Surface Neo」を発表しました。 2020年発売予定。

なぜこんなに早く発表するのか? ASUS、Dell、HP、Lenovoが、同じようなデバイスを投入する為の猶予期間か?

はて、これをなんぼで販売するのでしょうか? たぶん、ちょっと高いだろうと思います。

9型×2画面を持ち、OSは「Windows 10X」を搭載したタブレットパソコンでしょうか。
「Windows 10X」? Windows10の機能を削減した産業用のWindows版でしょうか。

これで、キーボード、マウスが使えれば、まさにパソコンです。ついに、タブレットも、「デュアルスクリーン」デバイスになってきました。 そうです、無理やり画面が1枚になって折りたためなくても良いんです。分離いしていても、右から左の画面に、マウスを使って、アプリを移動できれば、それで良いんです。

Surface_Neo

液晶画面の折り畳みではなく、ヒンジで折りたたみますので、トラブルは少ないでしょう。
ヒンジ部分は360度開き、フラットにすれば13型相当のタブレットサイズとなる。
着脱式キーボードや「Surface Pen」、「Bluetoothマウス」を使えば、2-in-1タブレットのように利用できるという。

最初は、なんだこれ? と思いましたが。。。使えそうなマシンですね。
私の場合、普段、1台のデスクトップパソコンで、ディスプレイを2台使用していますので、このタブレットで2画面使用できるというのは、何の違和感もありません。3画面でも構いませんね。

パソコンが小さくなって、スマートフォンになったのと同じように、パソコンと同じタブレットに画面が2つ付いて、増々便利になった程度でしょう。

Appleも、iPad専用OS「iPadOS」をリリースして、「iPad」をよりパソコンのように使えるようにしてきましたので、面白くなってきました。

・「Surface Neo」サイト
https://www.microsoft.com/en-us/surface/devices/surface-neo

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする