Microsoftが、自社製PC「Surface」ファミリーのために開発された公式診断ツール「Surface Diagnostic Toolkit」が利用可能になっています。

Microsoftが、自社製PC「Surface」ファミリーのために開発された公式診断ツール「Surface Diagnostic Toolkit」が利用可能になっています。

「Microsoft Surface Diagnostic Toolkit」は、一連のテストを実行して Surface デバイスのハードウェアを診断する小型で携帯可能な診断ツールです。

こんなツールキットまで配布するという事は、「Surface」。。。そんなにトラブルが多いのでしょうか?

このツールキットは、ウィザード形式になっていますので、画面の案内に従って操作するだけで一通りのチェックが行える仕組みになっているのですが、日本語表示できませんので、英語が読めない方は注意です。


Sponsored Links




Microsoft Surface Diagnostic Toolkit は、下記のSurface デバイスでのみ実行できます。

  • Surface Book
  • Surface Pro 4
  • Surface Pro 3
  • Surface 3
  • Surface 3 LTE
  • Surface Pro 2
  • Surface Pro

準備するもの
・HDMI または DisplayPort の適切な接続を備えた外部ディスプレイ
・ペアリング モードにすることができる Bluetooth デバイス
・Surface デバイスと互換性のある MicroSD カードまたは SD カード
・Surface ペン
・Surface デバイスを自由に動かすことができるスペース
・外部スピーカーやヘッドホン

利用環境
「Microsoft Surface Diagnostic Toolkit」の実行可能ファイルは 3MB未満なので、メールで配布することができます。 インストールする必要はなく、USBメモリやネットワークから直接実行できます。

・Fix common Surface problems using the Surface Diagnostic Toolkit ダウンロード
https://www.microsoft.com/surface/en-us/support/warranty-service-and-recovery/surface-diagnostic-tool

・Surface デバイス用の最新のファームウェアとドライバーをダウンロードする
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt210833.aspx

関連記事
Windows ストアのアプリに問題が発生した場合に使えるトラブルシューティング ツールを試してみました。
Microsoftが、「Microsoft Mouse and Keyboard Center」v3.0を公開
Microsoft社が、「游ゴシック」、「游明朝」フォントパックを Microsoft Office 2010/2013 用に提供開始
Microsoftが、Surfaceの月額プラン採用、18カ月でアップグレード可能な販売プログラム「Surface Plus」を米国で開始
Microsoftが、Windows 10 S搭載の13.5インチ薄型軽量ノート「Surface Laptop」の国内販売を開始
Microsoft社が、AI(人工知能)技術を利用した深層学習ツールキット「The Microsoft Cognitive Toolkit」の最新版2.1を公開


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*