Microsoftが、Windows 10 S搭載の13.5インチ薄型軽量ノート「Surface Laptop」の国内販売を開始

2017年7月20日、
Microsoftが、Windows 10 S搭載の13.5インチ薄型軽量ノート「Surface Laptop」の国内販売を開始しました。

プリインストールOSは、「Windows 10 S」ですが、ストア以外のアプリケーションを利用される方は 2017年 12月31 日まで無料で Windows 10 Pro に切り替えられます。
(Office Home & Business 2016 が含まれています)

今回販売を開始したモデルは
・Core i5/256GB SSD/8GBメモリ搭載の「DAG-00059」  ¥158,544(税抜)~
・Core i5/128GB SSD/4GBメモリ搭載の「D9P-00039」   ¥136,944(税抜)~
近日中にCore i7を搭載したモデルも発売予定です。

追記
本日、札幌ヨドバシカメラで実機を触ってきましたが、この「Laptop」いい感じです。
Surface Proでなくても、キーのタッチも良く、これで十分な気がします。「Macbook Air 13インチ」と画面のサイズは同じですが、こちらのほうが、ちょっと縦長です。

もう一つ、感想を言えば、デスクトップPCで、Windows10を使っていると、どんどんアップデートがかかるOSの機能追加が、全然、感じられませんが、タッチパネルの付いたノートPCだと、色々な機能が、追加されてきていることが実感できます。


Sponsored Links




大きさ:308.1(幅)×223.27(奥行き)×14.48(高さ)mm 、 重さ:1.252kg。

ちょっと気になるのが、表面の素材ですが、 Alcantara(エクセーヌ:スエード調の人造皮革のブランド) 製布地を使用したキーボードで、水滴や汚れ、染みを防ぐ処理が施されています。 フェルトのように起毛しているように見えますが、そうでもありません。

スペック
・OS     :Windows 10 S
・画面サイズ :13.5インチ、解像度2256×1504。縦横比: 3:2
・CPU    :Intel第7世代(Kaby Lake)Core i5またはi7を搭載し、
「MacBook Airより50%高速に動作する」
・メインメモリ:最大16GB、ストレージは最大512GB SSDを選択できる。
・バッテリー :駆動は公称14.5時間

・「Surface Laptop の主な仕様」 Microsoftサイト
https://www.microsoft.com/ja-jp/surface/devices/surface-laptop/tech-specs

https://www.microsoft.com/ja-jp/surface/devices/surface-laptop/innovation

・ビックカメラ 販売サイト
http://www.biccamera.com/bc/c/microsoft/surface/surface_laptop.jsp

関連記事
ファーウェイが、「MacBook」似のモバイルノートPC「MateBook X」を7月7日に国内発売すると発表

Microsoftが、Windows 10 S搭載の13.5インチ薄型軽量ノート「Surface Laptop」を発表

Microsoftが、新しいSurface Proシリーズが「Surface Pro5」ではなく、「Surface Pro」として、6月15日に発売すると発表しました。

HPとDELLの「Surface Book」似の2-in-1タブレットPC 2台
Sponsored Links











コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*