Microsoft社が、AI(人工知能)技術を利用した深層学習ツールキット「The Microsoft Cognitive Toolkit」の最新版2.1を公開

2017年7月31日、
Microsoft社が、AI(人工知能)技術を利用したディープラーニングツールキット「The Microsoft Cognitive Toolkit」の最新版2.1を公開しました。

Sponsored Links




「Microsoft Cognition Toolkit」は、元々、Microsoft社内で利用するために開発されてきたツールキットですが、音声認識や画像認識のツールとして活用でき、さらにGPUパワーも利用できるという特徴があり、活用したいと考えるサードパーティに提供されましたので、利用が始まっている様です。

Microsoftだけではなく、Googleも自社の機械学習ソフトウェア「TensorFlow(テンサーフロー)」及び、そのプラットフォーム をオープンソース化して提供を開始していますが、オープンにする意味は、たくさんのユーザーに使用してもらうことにより、「AI(人工知能)技術を利用したディープラーニング」の覇権を握る為ですが、さて、どうなるのか?

主な機能追加
・NVIDIAが公開している深層学習用ライブラリである「NVIDIA CUDA Deep Neural Network library(cuDNN)6.0」の統合
・UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)のサポート
・CNTK Kerasバックエンドの改善
・パフォーマンスの改善

※新たにマニュアルやチュートリアル、サンプルを追加しています。

・CNTK version 2.1 (Windows+Linux) ダウンロード サイト
https://github.com/Microsoft/CNTK/releases/tag/v2.1

・Setup CNTK on your machine
https://docs.microsoft.com/en-us/cognitive-toolkit/setup-cntk-on-your-machine

補足:経緯
1)2017年6月1日、
深層学習ツールキット「Microsoft Cognitive Toolkit」の最新版を2.0を公開しています。

2)2016年10月、
「CNTK」の名称を「Microsoft cognitive Toolkit」に統一する旨を公式ブログで発表しました(名称は、どっちでも良いみたいです。。)。

3)2016年1月25日、
「Microsoft releases CNTK, its open source deep learning toolkit, on GitHub」において、機械学習用ツールキット・ソフトウェア「CNTK(Computational Network Toolkit)」をオープンソース・ソフトウェアとして公開しています。

関連記事
Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ 「TensorFlow(テンサーフロー)」 をオープンソース化して公開
Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ「TensorFlow」の日本語サイトを開設
Googleが、「Google Cloud Next’17」で、機械学習技術による動画認識API「Cloud Video Intelligence API」を開発者向けにプライベートベータ版として公開

Microsoft社が、最新チャットBot「Zo.ai」を発表

2045年問題(コンピューターの能力が、人間の脳の能力を超えると云われています)
AI(人工知能)と「情報端末」について

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*