Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ 「TensorFlow(テンサーフロー)」 をオープンソース化して公開

Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ 「TensorFlow(テンサーフロー)」 をオープンソース化して公開しました。

商用利用も可能な「Apache 2.0ライセンス」で公開されていますので、人工知能(AI)の研究者、学生、アプリ開発者、企業(家電や自動車などのメーカー)まで、GoogleのWEBサービスで使われるのと同等のソフトウェアを道具として、標準ツールとして導入できる事が可能になります。

Googleのサービスで云えば、音声認識、翻訳、Googleフォトの被写体認識や顔認識、ウェブ検索結果の最適化、Gmailのメール分別、メールアプリ「Inbox」の自動返信文作成、YouTubeや広告事業など、幅広く使用されています。

Sponsored Links


TensorFlow_001

・「TensorFlow」サイト :http://tensorflow.org/
経緯
2011年に、デミス・ハサビス氏が、人工知能を研究・開発するベンチャー企業DeepMind Technologiesを創設しましたが、人間の「『脳』を研究して作成された高度な学習システム(ディープラーニング)が、企業の目にとまり、「Facebook」と「Google」がしのぎを削って争った末に500億円以上という巨額の金額で、2014年1月にGoogleに買収されました。

オープン化する意味
人工知能ライブラリを公開に至った理由は、Googleにとって、都合が良いからだろうと思うかもしれませんが、それにしても、よくぞ、公開してくれました。

ほかの企業は、こんなことは絶対にしないでしょう。 金儲けをする為の道具を公開するなんて。。。。Googleは公開することによって、もっと進歩する事を望んでいると思います。

人間の「『脳』を研究して作成された高度な学習システム(Deep Learning)ですので、この先、優秀なエンジニアと膨大な量のデータが必要になります。学習できるシステムですので、公開した方が、データも集まると云う事です。

現在のAI技術
現在のAI技術は、「機械学習」の機能の中で「Deep Learning(深層学習)」のレベルまで到達していますが、これから先は、どうも脳神経を模倣した機能の人工知能(AI)を作ろうとしています。そして、「Deep Learning(深層学習)」を進化させるには、処理能力が飛躍的に高い「量子コンピューター」の存在が必要になってきますが、Googleは、すでに「量子コンピューター」の開発も取り組んで進んでいます。

人工知能(AI)が、「意識」を持ち「自我」に目覚めなければ良いのですが。。。『脳』を研究して作ると云う事は、人間の邪悪さも、きっとこり込まざるを得なくなる様な気がします。

トヨタ自動車などは、人工知能(AI)研究の新会社を設立して、シリコンバレーに5年間で10億ドルを投入することを発表しています。

世界中で人工知能(AI)研究が進んでいますが、現実社会の中で、いつ、「技術的特異点(シンギュラリティ)」が訪れ、人類の知能を超える、究極の人工知能が誕生するのか。。。

このまま行けば、2045年問題(コンピューターの能力が、人間の脳の能力を超えると云われている)が、本当にやってくるのかもしれません。
  

もし、脳科学などに興味が有れば、私の「ブクログ」の本棚を参照してみて下さい。実に興味深い事が書かれた書籍がたくさん有りますので。

・ブクログ 「WEB、IT、パソコン講座」管理人の本棚
http://booklog.jp/users/step01hy?display=front&category_id=1385479&status=&rank=0&sort=date_desc

Sponsored Links







関連記事
Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ「TensorFlow」の日本語サイトを開設

映画「ターミネーターGENESIS(ジェネシス)」が面白い、でも、現実の未来を考えると、こんな日が来るようで怖い。

AI(人工知能)と「情報端末」について

2045年問題(コンピューターの能力が、人間の脳の能力を超えると云われています)

Amazonが、クラウド接続型の音声認識機能を搭載した円筒型スピーカー「Echo」を、米国で一般販売

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です