SONYとソニーネットワークコミュニケーションズが、人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境Neural Network Consoleを公開

2017年8月17日、
SONYとソニーネットワークコミュニケーションズが、人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境「Neural Network Console」を公開しました。

Sponsored Links




プログラムエンジニアやデザイナーは、本格的なGUIを持つディープラーニング統合開発環境であるコンソールソフトウェアを用いることで、直感的なユーザーインターフェースで、ニューラルネットワークの設計、学習、評価などを効率的に行いながらディープラーニングのプログラムを開発し、各種製品やサービスに搭載できるようになります。

GoogleもMicrosoftも、このディープラーニング(深層学習)の統合開発環境を一般に公開して、より多くの研究者に使ってもらうことにより、自社の覇権を狙っています。 さて、どの会社の「開発環境」が使い易いのか、私には未だ、理解できません。

どんなに、人間の脳を模倣してところで、人間の脳の性能まで、辿りつくのは、まだまだでしょう。多分、人間の「意識」まで作り出せれば、本物でしょう。。。


特徴
●直観的なユーザーインターフェース
GUIで、ニューラルネットワーク構造を視覚で確認しながら設計、学習、評価できます。開発者はコンソールソフトウェアの提供する多くのサポート機能により開発作業に集中することができます。

●ドラッグ&ドロップによるニューラルネットワークの編集
豊富なレイヤーを活用して最先端のニューラルネットワークを設計できます。新たなアイディアを簡単かつ即座に反映しながら試行錯誤を繰り返し、ニューラルネットワークを最適化できます。

●高速で自動学習し、進捗や結果をリアルタイムに確認
ネットワーク設計の完了後、ボタン一つで高速な学習が開始されます。また、学習の進捗状況や性能は画面上でリアルタイムに確認できます。

●学習した履歴の集中管理
学習した何十種類ものニューラルネットワークを履歴として一覧できます。過去に設計したニューラルネットワークの性能も一覧して比較できます。

●ニューラルネットワークの設計を自動最適化
より高性能で軽量なニューラルネットワークを検索するチューニング作業をツールに任せられます。自動で得られた複数の最適化結果からニーズに応じたニューラルネットワークが選択可能です。

現在のAI技術
現在のAI技術は、「機械学習」の機能の中で「Deep Learning(深層学習)」のレベルまで到達していますが、これから先は、どうも脳神経を模倣した機能の人工知能(AI)を作ろうとしています。そして、「Deep Learning(深層学習)」を進化させるには、処理能力が飛躍的に高い「量子コンピューター」の存在が必要になってきますが、Googleは、すでに「量子コンピューター」の開発も取り組んで進んでいます。

人工知能(AI)が、「意識」を持ち「自我」に目覚めなければ良いのですが。。。『脳』を研究して作ると云う事は、人間の邪悪さも、きっとこり込まざるを得なくなる様な気がします。

・Neural Network Console :https://dl.sony.com/

・Neural Network Libraries :https://nnabla.org/

関連記事
Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ 「TensorFlow(テンサーフロー)」 をオープンソース化して公開
Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ「TensorFlow」の日本語サイトを開設

Microsoft社が、AI(人工知能)技術を利用した深層学習ツールキット「The Microsoft Cognitive Toolkit」の最新版2.1を公開
Microsoft社が、最新チャットBot「Zo.ai」を発表

AI(人工知能)と「情報端末」について


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*