Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ「TensorFlow」の日本語サイトを開設

2016年8月10日、
Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ「TensorFlow」の日本語サイトを開設しました。

Googleが、去年の暮れに、人工知能ライブラリ 「TensorFlow(テンサーフロー)」 をオープンソース化して公開しましたが、ついに、「TensorFlow」の日本語サイトを開設しました。

TensorFlow_jp_001

経緯
2011年に、デミス・ハサビス氏が、人工知能を研究・開発するベンチャー企業DeepMind Technologiesを 創設しましたが、人間の「『脳』を研究して作成された高度な学習システム(ディープラーニング)が、企業の目にとまり、「Facebook」と 「Google」がしのぎを削って争った末に500億円以上という巨額の金額で、2014年1月にGoogleに買収されました。

・TensorFlow 日本語サイト
http://www.tensorflow-partner.jp/

関連記事
SONYとソニーネットワークコミュニケーションズが、人工知能(AI)を実現するディープラーニング(深層学習)の統合開発環境Neural Network Consoleを公開
Microsoft社が、AI(人工知能)技術を利用した深層学習ツールキット「The Microsoft Cognitive Toolkit」の最新版2.1を公開
Googleが、自社開発の人工知能ライブラリ 「TensorFlow(テンサーフロー)」 をオープンソース化して公開

Googleの人工知能「AlphaGo」と韓国人プロ棋士の5局勝負、4勝1敗で、人工知能(AI)の勝ち。

映画「ターミネーターGENESIS(ジェネシス)」が面白い、でも、現実の未来を考えると、こんな日が来るようで怖い。

AI(人工知能)と「情報端末」について


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*