ネスレが、コーヒーマシンと専用タブレットをセットにした新IoTサービス「ネスカフェ コネクト」 2017年9月5日(火)から開始すると発表

2017年9月5日、
ネスレ日本株式会社が、コーヒーマシンと専用タブレットをセットにした新IoTサービス「ネスカフェ コネクト」 9月5日(火)から開始すると発表しました。

ネスレが、スマートフォンからの操作に対応し、Bluetooth機能を搭載した新モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i」(価格は7389円(税抜))を2016年10月1日に発売しています。

今回は、月額500円で、コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i」と専用タブレット(SONY製)をセットでレンタルにした新IoTサービスです。


Sponsored Links





※無料使用対象マシンとタブレットは、ネスレ日本より貸与するもので、所有権はネスレ日本にあります。

1.「ネスカフェ コネクト」って何ができるの?

・コーヒーを飲んだ分だけ自動で届けてくれます!
※1回の届け単位は、「ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック」 105g×3本、2,220円(税込)です。 ですので、在庫がたまらないので安心です。

コーヒーマシンとLINEを繋ぐ、新しいコミュニケーション体験
・離れて暮らす大切な人と、コーヒーを通じて繋がる
・新しいコミュニケーション体験。
・無理なくそっと繋がる安心と喜びをご体験いただけます。

※高齢者の見守りにも使えますが、両方のお家で、ネットワーク(Wi-Fiの環境)が無いと使えません。

◇「ネスカフェ コネクト」専用サイト:https://nestle.jp/brand/nba/connect/

関連記事
ネスレが、スマートフォンからの操作に対応し、Bluetooth機能を搭載した新モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i」を2016年10月1日に発売

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*