ドライブレコーダーを搭載する必要があると考えるドライバーへ 失敗しない選び方

本日は、ドライブレコーダーを搭載する必要があると考えるドライバーへ。。。失敗しない選び方です。

2017年6月、東名高速道路で子ども2人を残し夫婦2人が亡くなった事故(事件)は、逮捕された容疑者の異常な行動(運転ぶり)が次々に報道されています。

世の中の車にドライブレコーダーが標準装備されていたら、日常的に、頭の配線のおかしい奴の所業が、もっと、浮き出てくるでしょう。

Sponsored Links




今始まった事ではないのですが、「ストリート」は、強い者?が支配する場所です。 怒りを買うと、やっつけられてしまいます。

本当は強くないのですが、たまたま、あなたより強いだけです。

貴方が、強そう人間に見えたなら、「怒り」を買っても、大丈夫、何故なら、負けると感じれば、かかってきませんが、大したことないと思えばかかってきます。 ストリートは、こんな「小賢しい」クズの集まりですので、必ず人を見ないといけません。

たまに居ますよね、よわっちーので、わざと危ない恰好や、危ない車を装っている奴、こざかしく、カモフラージュしているつもりなんでしょうが、すぐに分かります。

たまに見ませんか。。。「空手道場」のステッカーを車の後ろにはってけている奴。。。

1.じゃ、弱い奴はどうするのか? 

「ドライブレコーダー」を搭載してしっかり証拠を残すこと。もう、これしかありません。 暴力を使わずに「腐れ外道」を当局に突き出すのは、この手しかありません。

最近は、本当に、頭の配線が、完全におかしい「クズ」が、昔より、多くなったように思います。 本当に「脳」に障害を負っているとしか思えないような奴も、大勢いますよね。

私も、今は、車を降りましたので、運転中のストレスを感じることも無くなり、心が穏やかですが、昔は、カリカリしている自分自身が嫌になりました。

誰でも、金さえ払えば、運転免許が手に入り、返還しない限り、一生、自動車を運転できる。。この制度のおかげで、「お前、運転しない方が世の中の為」と云われるような奴まで、ストリートを走っています。

「道交法」を知らないのか、覚えられないのか、ワザとなのか、信じられない、傍若無人の運転をしている「脳」に障害を負っている奴もそこら中、運転しています。

別の問題ですが、高齢者の事故も増加しています。

誰でも、平等に簡単に免許を取れる、高齢になって、危ない運転をしてもそのまま免許を与え続ける。。。この国の法律です。 死亡事故が起きても変えることができないのです。

あおり運転の対処方法
昔、くわえ「たばこ」で運転している「クソ婆」の車が、私をあおってきましたので、思いっきりブレーキを踏んでやったら、驚いて、くわえ「たばこ」が口から飛び出して、パニックになっているとこをバックミラー越しに見ていて、可笑しくて死にそうになりました。「クソ婆」のくせに、私をあおる?、4000年早いのです。こんなもんです。身の程を知らない奴もたまに居ます。

日本全国、本当に、××団、××ピラ以外で、一番注意する必要のあるのは、本当に、完全に「頭」のおかしい奴です。 ほぼ「××ガイ」ですので、逆らわない方が無難です。ただ、難しいのは、相手が、ほぼ「××ガイ」かどうか、判断を付けるときの感です。

私が、ストリートで無事に居られたのは、××団、××ピラ、ほぼ「××ガイ」とやりあわなかったからです。

若い頃、身長184cm、体重80Kg以下、100m12秒、握力両手で120kg、背筋力260kgの体力でしたので、上記の危ない人たち以外の人間は、車を降りて、私の前に怒鳴り込んで来ても、私にかかってくるバカは、殆ど、いませんでしたので、ほぼ問題は起こしませんでした。

2.ドライブレコーダーを選ぶ基準について、検討すると。。。

ドライブレコーダーの普及率は、タクシーのような業務用の車両では50%を超えたとされていますが、一般の乗用車では10%程度にとどまっているというのが現状のようです。

ドライブレコーダーですが、色んな商品がありますが、なるべく、1台で、前方だけではなく、全方位、撮影できるタイプのカメラが良いのではないかと思います。 何か、トラブルが発生するのは、前方だけとは、決して、限りません。 側面、後方も十分どんなことが起こったのか、記録しておく必要あります。 悪意を持って攻撃してくる場合、前方から来ない場合も、十分考えられます。

前方と後方に各1台づつ設置するのも、コストが掛かりすぎますので、やはり、一台で済ませたいですね。

この為だけにに、「ドライブレコーダー」を購入するのは、ちょっともったいないですので、駐車している時の「いたずら防止」、「盗難防止」の機能も付いた商品を購入するのも良いのではと思います。

価格面では、2極化(廉価と高価格帯)が進んでいますが、どこまでの機能を搭載した商品を選ぶかは、あなた次第です。

1)なるべく、全方位撮影できる商品がベスト。

前方だけしか撮影できないタイプを使って、後から、後悔するのは、ちょっと、ゴメンですね。  「あおり行為」は、前からではなく、後ろからですので。

そう考えると、360度カメラが一番いいのですが、まだ、車載用として販売している商品は少ないように思います。 値段も3万円から5万円台に跳ね上がります。

・Become Japan Corporation : 360 ドライブレコーダーがそろっています。
360度ドライブレコーダー

2)夜でも、鮮明に録画できる解像度の高い商品。

大抵は、解像度が低いと、夜の撮影も鮮明さが欠けて、肝心部分が見えなかったりします。
夜間モード搭載モデルを選んだ方が無難でしょう。

・画素数は、200万画素以上、解像度としては「フルHD」

明るさの急変に強いかどうか?  逆光やトンネルの中、夜でも鮮明に映るか?

3)LED信号機の光の点源と同期しないタイプのカメラ

これは、せっかく、撮影しても、同期していると、信号機の色がわかりません、交差点の事故の場合は、信号の色が、青なのか、赤なのか、黄色なのか、一番重要です。

信号機のLEDは東日本と西日本で点滅速度が異なりますが、周波数と重なると映像では、LEDの赤や青の色が消えた状態で記録されてしまいます。
それを避けるために東日本で30fps/60fps、西日本で27.5fps/45fpsと、ドライブレコーダーのフレームレートを選べる仕様になっています。

4)駐車中のクルマの監視(防犯)機能が付いていればベスト

・「動体検知機能」を持ち、駐車中の不審な動きを自動で撮影開始する機能。
衝撃(G)センサー、動体センサー

・車内電源が切れている状態でも動作するように、「スーパーキャパシタ」を搭載したカメラがベストでしょう。

「運転支援機能」
運転中のドライバーの居眠りや車線逸脱、脇見などをアラームで警告してくれる機能。

5)バイクにもドライブレコーダーを

バイク専用 ドライブレコーダーもあります。

イグニッションキーのオンオフに連動し、自動で録画開始&停止するので操作の手間要らず。内蔵バッテリーは約50分の稼働だが、車両から給電すればバッテリー切れの心配は不要だ。本体とソケットが防水仕様のため、雨天でも給電したまま運用できる。

※「バイク専用 ドライブレコーダー DDR-S100

車体はもちろん、ヘルメットにも装着できます。

・デイトナ「バイク専用 ドライブレコーダー DDR-S100」
https://news.webike.net/2017/10/19/117738/

https://www.webike.net/sd/23464693/?utm_campaign=bigzero1019&utm_medium=referral&utm_source=wnews

3.ドライブレコーダー的な機能を持ったアプリ

1)スマホで運転支援、ドラレコも Safety Sight」

損害保険ジャパン日本興亜株式会社が提供するドライバーを事故から守る無料アプリ「Safety Sight」がありまして、損保ジャパンに保険契約していない人も無料で使うことができます。

スマホアプリですので、スマホを取り付ける台を別途購入する必要はありますが、無料でドライブレコーダー的な機能を使用できますので、試してみるのも一考かと思います。

機能
・前方車両接近アラート、前方車両発進お知らせ
・実際の運転をモニターして診断 運転スコア通知
・急操作アラート通知
ドライブレコーダー
運転中に急ブレーキや衝突などの衝撃を感知した際に、衝撃の前後各10秒間の前方映像を自動的に録画します。手動の録画も可能です。
・走行ルートや急操作地点を地図上に表示

Safety Sight」 損害保険ジャパン日本興亜 サイト
http://www.sjnk.jp/app_pc/safetysight/

2)無料の防犯ドライブレコーダーアプリ| 映像流通システム CETRA(セトラ)

2017年10月17日にリリースした、プライムサーバント社の地域の見守りに貢献できる完全無料の防犯ドライブレコーダー「CETRA(セトラ)」です。

CETRAはドライブレコーダーで撮影される映像を防犯・防災等へ広く活用することを目的として開発された新しい映像流通サービスです。

CETRAはドライブレコーダーが持つこの『動く防犯カメラ』としての役割に着目し、求められる映像の「撮影位置範囲と撮影時間帯」の情報を映像注文サーバーからブロードキャストすることでドライブレコーダー内で映像検索を行わせ、他人が求める映像の存在を撮影者に知らせるとともに、ワンクリックでの映像提供を可能にします。

・CETRAのダウンロード(Android版)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.primeservant.cetra&hl=ja

・映像注文システム CETRA SYSTEM
https://cetra.link/

・株式会社プライムサーバント
http://primeservant.co.jp

関連記事
上海問屋が、信号機のLEDの色が消えずに録画できる「小型ドライブレコーダー」を発売しました。
エレコムが、Wi-Fiでスマホから映像を確認できるドライブレコーダー「LVR-SD310HWG」ほか2種類を発表しました。

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*