エレコムが、Wi-Fiでスマホから映像を確認できるドライブレコーダー「LVR-SD310HWG」ほか2種類を発表しました。

2月24日、
エレコムが、Wi-Fiでスマホから映像を確認できるドライブレコーダー「LVR-SD310HWG」、「LVR-HSD310HWG」、「LVR-HSD315HWG」を発表しました。

付属の電源直結ケーブルをバッテリーにつなげることで駐車時でも撮影が可能で、動体検知機能やバッテリー監視システムも搭載した高機能モデル「LVR-HSD315HWG」も有りますので、防犯用にも使えます。

事故が発生した時、大抵は、保険屋に任せますが、過去に理不尽な、損害率を言われることがありましたが、このようなドライブレコーダーを装備していれば、どっちが、どうなのかをちゃんと判定する有効な情報になるんなら、1台付けて置いても無駄では無いと思うのですが。。。。

Sponsored Links




高画質HDカメラ搭載で鮮明な映像を記録することが可能で、スマートフォン、タブレット、パソコンとWi-Fi機能で接続して、専用アプリから撮影動画の再生・保存ができます。

 

機能
・カメラ :HD画質「720p(1280×720)」対応の高画質CMOSセンサーを搭載。
対角120°(水平93°/垂直70°)の範囲をカバーし、わき見による事故や追突、割り込み事故など正面以外の事故も記録できます。

・GPS機能を利用して、場所・時間や走行速度、方角も記録できますので日常の運行管理に利用可能。

・エンジン始動で録画を自動的に開始し、走行中は常に上書き録画をする「常時録画」にも対応。

・内蔵のG(加速度)センサーにより衝撃を検知して、自動で映像を記録する「衝撃検知録画」機能を搭載し、衝撃を受けた瞬間の前後約4~36秒間の映像を自動的に保存し、消えないように保護する。

・データは、microSDカードに特殊フォーマットで記録され、パスワード保護も可能。改ざんを防止し、より正確な記録として保存できます

・「LVR-HSD315HWG」は、付属の電源直結ケーブルをバッテリーにつなげることで駐車時でも撮影が可能で、動体検知機能やバッテリー監視システムも搭載した高機能モデルです(約千円高い)。

アプリの対応OS
・iOS 7.0以上
・Android 4.0以上
・Windows Vista、7、8以上。

推定市場価格
・「LVR-SD310HWG」、「LVR-HSD310HWG」——- 24,800円前後(税別)。
・「LVR-HSD315HWG」—— 25,800円前後(税別)。

関連記事
ドライブレコーダーを搭載する必要があると考えるドライバーへ 失敗しない選び方
上海問屋が、信号機のLEDの色が消えずに録画できる「小型ドライブレコーダー」を発売しました。
Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*