Appleが、新しい9.7インチ「iPad」を発表しました。

2018年3月28日、
Appleが、新しい9.7インチ「iPad」を発表しました。

現在、私の使用している「iPad」は「iPad 2」で、もう遅くて遅くてどうしようもありませんでしたので、参照系の作業でしか使用しませんが、1台そろそろ購入しようかと、切に考えています。

なんか、新しい機能など、要らないのです。 レファレンス端末としての機能を果たしてくれれば。

値段的に安くして販売するのには、少しだけ訳がります。 米国の教育機関向けに販売されたこのような端末は、Googleの「Chromebook」にシェアを奪われていますので、これを挽回したいのでしょう。 しかし、Microsoft社、Goole社と比べれば、教育機関向けの価格競争には勝てないでしょう。 ちょっと、ケチ臭いのです。 Appleは。。。

日本の教育機関でも、この様なタブレットを導入した学校が数多くありますが、うまく活用できていないようです。 だいたい、先生も使いこなせない道具を学校で、どうやって子供たちに使わせるのか? 使い方、活用の仕方が分らないなら、呼んでくれれば、いつでも行きますよ。

・サイズ:169.5(幅)×240(高さ)×7.5(奥行き)mm。
・重量:Wi-Fi版が469g、Wi-Fi+Cellular版が478g

特長
・最大の特徴は新たに「Apple Pencil」に対応。
イラストを描いたりメモを記録したりできるのはもちろん、「Pages」、「Numbers」、「Keynote」、「Office」などのアプリ上で注釈を書き加えたり、メールに添付する画像にメモを書き込んだりもできる。

・カメラはアウトが800万画素、インが120万画素。
・プロセッサは「A9」から「A10 Fusion」にバージョンアップ。

価格
・32GBモデル  :Wi-Fi版が3万7800円(税別)、Wi-Fi+Cellular版が5万2800円(税別)。
・128GBモデル:Wi-Fi版が4万8800円(税別)、Wi-Fi+Cellular版が6万3800円(税別)。カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。オ

学生・教育機関向けの割引価格
・32GBモデル  :Wi-Fi版が3万5800円(税別)、Wi-Fi+Cellular版が4万9800円(税別)。
・128GBモデル:Wi-Fi版が4万6800円(税別)、Wi-Fi+Cellular版が6万1800円(税別)。


Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください