画像処理ができるフリーソフト まとめ。

本日は、画像処理ができるフリーソフトのまとめです。

デジタルカメラの普及で、画像をPCやタブレット、スマホ上で扱う機会が多くなっています。

Sponsored Links




取った写真をそのまま印刷するだけでは物足りなくなった方、自分でホームページやブログに画像をUPする機会も多くなっています。後は、トラブった時や、Webで登録したときの情報を簡単に保存する方法など。

結構、知っているようで知らないのが下記のような事柄ではないでしょうか。つまり、それぞれのファイルの特性です。
どんな用途に、どんなファイル形式を使用するべきか、頭に入れておくと失敗しないのではと思います。

最近のカメラは高機能です、GPS機能が付いていれば、画像データの中に撮影した、位置情報まで、見えないですが、セットされていますので、どこで撮影したか、ばれてしまいますので、他人に渡す場合は、注意が必要です。

iPhone、Androidスマホなどのカメラは、位置情報サービスをONにしていて、写真を撮れば、ちゃんと見えないですが、画像データの中に、位置情報がセットされてしまう仕組みになっています。

・PhotoCheck – 写真の位置・場所を確認&除去できるアプリです。
https://itunes.apple.com/jp/app/photocheck-xie-zhenno-wei/id680079587?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

– 全体目次 –
1.画像ファイルの種類と特徴(特性)について
1)jpg
2)bmp
3)gif
4)png

2.ビューワ(閲覧)・管理機能
1)「IrfanView」
2)「VIX」
3)「XnView」
4)「Picasa」——> Google フォト
5)「photology」

3.画像編集機能を持ったアプリ
1)「GIMP for Windows」
2)「Paint.NET 」
3)「Pixia」
4)「JTrim」
5)「Hyper-Paint」
6)「Artweaver」
7)「PhotoScape」
8)「PictBear」
9)「FotoSketcher」
10)「MyPaint 」

1.画像ファイルの種類と特徴(特性)について

画像には、GIF(拡張子.gif)、JPEG(.jpg)、PNG(.png)、Windowsではビットマップ(.bmp)、MacではPICTなどがあります。
HPなどでは、gifやjpgがよく使われます。

<画像ファイル型式別の特徴>

gif小可256色透過・アニメ

形式 サイズ 可逆性 最大色数 特徴
BMP 最大 1600万色 サイズが大きい
jpg 最少 不可 1600万色 劣化(画像)
gif 256色 透過・アニメ
png 256色 グラフィック画像

1)jpg

色をきれいにしかもサイズを小さくしたいときはjpgを使います。
しかし、編集・保存を繰り返すと画質が劣化するという欠点がありますので編集作業を繰り返す場合は注意です。

jpgは保存するときに細かいデータは、はしょって圧縮保存します。これが高圧縮率の秘密なのですが、画質劣化の原因でもあります。
いったん圧縮保存されると元には戻せません。(不可逆性)従って何度も修正・調整しなければならない画像データはこの形式で保存すると誤差が増えてだんだん汚くなります。

2)bmp

そこで修正中は劣化しないbmp形式で保存し、完成したら最終段階でjpgに変換します。 これをHPに貼り付けるわけです。ただ、bmpのサイズの大きさはハンパでなく、フルカラーの画像は数十メガバイトに達します。

そのままでは、とてもメールに添付できる大きさではありませんので、zipまたはlha圧縮して、やりとりするのが普通です。
bmpを圧縮すると、だいたい1/10くらいになります。

ちなみに、JPEG形式のファイルはすでに圧縮されていますのでツールを使って圧縮してもサイズはほとんど変わりません。

3)gif

gifですが、人物像などをjpgとgifで比較してみると明らかにjpgの方がきれいです。
256色しか表示できなくてjpgよりもサイズが大きいのになぜ使われているのか?

やはりGIFアニメと呼ばれる動画ができることと、透過色が使える利点があるからです。背景に直接書いたように見えるロゴなどもそうです。(透過gif)

編集を前提とした画像データをやりとりする時は、bmp形式のものを適当なソフトで圧縮して送れば、劣化が少ない分、きれいに仕上がります。

4)png

GIF の代替物として開発された経緯がある。
色のついた画素を縦横に敷き詰めたビットマップ形式の画像を無劣化で圧縮(可逆圧縮、ロスレス圧縮)することができ、図やイラストなどの画像に向いている。

画像処理ソフトも機能的に多岐にわたりますので、機能別、目的別にまとめて記載しますので、何がやりたいかによって、選択できれば、幸いです。

次のページは、ビューワ(閲覧)・管理機能 です。

Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です