The GIMP Teamが、画像編集ソフト「GIMP」v2.10.0を公開

2018年4月27日、
The GIMP Teamが、オープンソスの画像編集ソフト「GIMP」v2.10.0を公開しました。

GIMPの正式版が1年ぶりに、GIMPの正式版がリリースしました。大幅に機能が追加されています。

変更内容

  • イメージ処理エンジンは「GEGL」にほぼ完全に移植され、高いビット深度処理、マルチスレッド化およびハードウェアアクセラレーションによるピクセル処理などが可能になりました。
  • 現在、カラー管理が中心的な機能であり、ほとんどのウィジェットとプレビュー領域はカラー管理されています。
  • 多くの改良されたツールと、Warp変換、統一変換、Handle変換ツールなどのいくつかの新しくてエキサイティングなツール。
  • GEGLに移植されたすべてのフィルタのキャンバス上でのプレビュー
  • キャンバスの回転と反転、対称ペイント、 MyPaintブラシサポートによるデジタルペイントの改善…
  • いくつかの新しい画像フォーマット(OpenEXR、 RGBE 、WebP、 HGT )が追加されました。 また 、多くの既存フォーマット(特に堅牢なPSDのインポート)のサポートが改善されました。
  • Exif、 XMPIPTC 、およびDICOMのメタデータの表示と編集が可能です。。
  • 基本的なHiDPIサポート:自動またはユーザーが選択したアイコンサイズ。
  • GIMP (Light、Grey、Dark、System)の新しいテーマと、環境をやや暗めにし、内容に焦点を移す新しいシンボルアイコン(以前のテーマとカラーアイコンは環境設定でまだ利用可能です)。

対応OS
・Windows
・GNU / Linux
・Mac OS X

・GIMP サイト
http://www.gimp.org/

関連記事
画像処理ができるフリーソフト まとめ。
Krita財団が、OS X/macOSを正式にサポートしたペイントソフト「Krita」の最新版v3.1.2をリリース

MediBang(メディバン)が、無料マンガ制作アプリ「メディバンペイント」 ハーフトーン機能を追加して新版をリリース

複数の画像ファイルを一括でサイズ変更できるソフト「Light Image Resizer」

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*