イオンとハイホーが、タブレットとSIMカードのセット販売を開始しました

イオンとハイホーが、タブレットとSIMカードのセット販売を開始しました。
攻めますね。。。。。各社。  好評なら、他社もきっと真似しますよ。

本当は、この手の格安SIMは、タブレットなどのデータ通信用のSIMとして販売すれば、一番良かった様に思います。

通話できるSIMも有りますが、けっこう電話をかけるユーザーにすれば、データ通信がいくら安くても、通話で通常の料金(30秒/21.6円)を取られるのでは、スマホとSIMをセットにして販売してもあまりメリットは有りませんでした。

最近、競争が激しくなり、「格安SIM」もデータ通信の容量も増えてきましたが、得する人は、通話を自分からけけず、待ち受けにしている人だけでした。

タブレットとSIMをセットにすれば、格安SIMのメリットが最大限、活かせますよね。タブレットで通話はあまりしないでしょうし。。。

ただ、タブレットでデータ通信のみのSIMで、活用できるユーザーは、まだまだこれからです。

今までは、SIMフリーのタブレット少なく、キャリアがSIMロックをかけ、タブレットをセット販売していましたし、日本のタブレット製造メーカーなど、キャリアにべったりとくっ付いて、セルラーモデルと称して、販売してきましたが、もう、そんな時代で無くなってきました。 海外のメーカーがSIMフリーモデルをMVNOとくっ付いて、SIMフリーのタブレットを販売するようになってきました。

そんな意味において、この2社のSIMとタブレットのセット販売、いい傾向だと思います。

日本のタブレット製造メーカーも、いつまでもキャリアとくっ付いて、おんぶにだっこで「セルラーモデル」を販売しないで、SIMフリーのタブレットを販売するようになれば。。。と思うのですが?
Sponsored Links





1.ハイホー(hi-ho)  LTE対応8インチタ Androidブレット「YOGA Tablet 2-830L」 レノボ・ジャパン製

11月28日、レノボ・ジャパンの最新SIMフリータブレット「YOGA Tablet 2-830L」とSIMカードをセットにした「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with YOGA Tablet 2 」を、2014年12月1日より予約受付開始すると発表しました。

YOGA_Tablet 2-830L

月額利用料金
・データ通信専用SIMを選択した場合が2,580円(2年経過後は933円)
・SMS機能対応SIMを選択した場合が2,720円(2年経過後は1,073円)

データ通信容量
毎月2GBのバンドルチャージが無料で、データ通信速度が下り最大150Mbps/上り最大50Mbps(hi-ho LTE typeDシリーズのSIMを利用した場合)。

2GBを超えた場合のデータ通信速度は、最大200kbpsとなる。最低利用期間は2年です。

端末のスペック
「YOGA Tablet 2-830L」は、LTE通信に対応したSIMロックフリーのタブレットです。 利用スタイルに応じて使い分けられる4つのモード(ホールドモード、スタンドモード、チルトモード、ハングモード)に形を変えることが可能です。

・OS   :「Android 4.4」
・画面   :8型WUXGA液晶(1920×1200ドット)
・CPU   :インテル Atom Z3745
・メモリー :2GB、内蔵ストレージが16GB。
・無線通信 :IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.0
・SIMサイズ :microSIM
・センサー :加速度センサ、光センサ、電子コンパス、GPS、A-GPS、GLONASS

・プレスリリース :
http://home.hi-ho.ne.jp/company/release/2014/1128.html

2.イオン  「LTE対応タブレットパソコン LTE対応タブレットパソコン 」 マウスコンピューター

11月27日、端末と格安SIMをセット提供する「イオンモバイル」シリーズに、マウスコンピューターと協働したイオンオリジナルモデルの10インチWindowsタブレットPCを追加しました。同日より予約受付開始。

ちょうど、モバイル無線LANルーターを契約すると、タブレットが付いてくるみたいな契約ですが。。。それでもこちらの方が、Windowsタブレットですので、少し安いですか。。。。

ion_win_tab_001

月額利用料金
・69,465円(税込)の端末代金が月額2,894円(税込)×24回
・通信サービス料が月額972円(税込)。
合計が月額3,866円(税込)。

・SIMフリーとなる端末のみの販売も行う。 69,465円(税込)

データ通信容量
通信容量上限は月間2GBまで。(2年間 実質3GB)

月間2GB容量を超えた場合、通信速度が上下ともに最大200kbpsまで制限される。
「『イオンモバイル』タブレットパソコン」契約特典として、利用開始から24カ月までは、利用可能な容量が3GBまで拡充される。

Windowsパソコンとして使用する場合、月3GBは? ちょっとつらい感じがします。モバイル端末のOSと違い、Windowsは結構、容量使うはずです。

タブレット端末
マウスコンピューターの10.1型タブレット「AT-Z37LTE10」。
・Windows 8.1 with Bingを採用
・CPU  :Intel Atom Z3735F(1.33GHz)プロセッサ
・メモリ  :2GBメモリ、64GBストレージ
・カメラ  :200万画素カメラ
・キーボードカバー付属。
・Microsoft Office Home & Business 2013も付属する。

・イオンモバイル :
http://www.aeonretail.jp/campaign/newcom/

最後に、
AndroidとWindowsとOSは2台とも違います。2年間の縛りは有りますが、端末代金も含めてこの料金ですので、タブレットを初期コストを抑えて、使用、活用してみたいと考えている方は、検討する価値が有るのではと思います。

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*