Googleのアプリ2つ、フォトストレージサービス「Google Photos」と新しいメールアプリ「Inbox」が正式リリース

5月29日、
Googleのアプリ2つ、 フォトストレージサービス「Google Photos」と新しいメールアプリ「Inbox」(初めは招待制でした)が正式リリース

これは、他のAppleの「iCloud」、「Dropbox」、Microsoft 「OneDirve」、「Flickr」のWEBストレージサービスに影響を及ぼすでしょうね。
なんせ、制限は有るものの、「Google Photos」は容量無制限ですので。。。。
Sponsored Links





1.フォトストレージ「Google Photos」

これは「Google +」のフォト機能を独立させたもので、最大1,600万画素の写真や1,080pまでの動画なら無制限でアップロード可能です。

iOS・Androidアプリがリリースされており、Googleアカウントがあれば、WEB(ブラウザ)からでも、すぐに利用できます。

機能
・撮影した画像を自動で分類します。
・保存した画像の編集機能(自動画像補正)。
・写真を組み合わせて自動でムービーを作ったりする機能(音楽ファイルと組み合わせたコラージュ画像やアニメーション、ムービーの作成)
・アクセスしたデバイス上で自動的にバックアップ・同期される機能。
・写真の場合、最大1,600万画素を超える場合はサイズを縮小して保存する。
・動画の場合、1080ピクセルを上回る場合は1080ピクセルに縮小される。
・それ以上の解像度のデータはGoogleアカウントに無料で付随する「15GB」の保存容量を利用する形で保存されることになります。

・Google Photos サイト(Googleアカウントでログインする必要があります)
https://photos.google.com/

2.メールアプリ「Inbox」

初めは招待制でしたが、誰でも利用できるようになりました。

ただ、余りに高機能すぎて、私など、使いこなすことが、不可能です。
ただ単に「メールを見れればいいや」と云う人には。。。ちょっと必要ないかと感じますが、使いこなしてやろうと、チャレンジ精神のある方はお試しあれ!!

機能的には
・受信メールを「プロモーション」、「ソーシャル」、「ショッピング」といったカテゴリーごとに、自動的に分類する機能を搭載しています。
・フライト予約や宿泊予約など旅行のメールをまとめる「Trip Bundles」機能
・メールの誤送信を防止する Undo 機能
・スワイプアクションのデフォルト設定を「削除」にする機能
・署名機能
・Google Keep との連携(Keep にリマインダーを登録すると Inbox に表示される)仕事メールのリマインダー登録機能
・HotelTonight、Eat24 から予約メールにはアプリの予約情報を表示する機能

Android・iOS向けアプリとウェブ(ブラウザ)からアクセスが可能になっています。

・Inbox by Gmail サイト :http://www.google.com/inbox/

関連記事
Googleが、ハードウェア製品を販売するオンラインストア「Google ストア」を開設
Googleが、ビジネスユーザー向けソフト「Google Earth Pro」を無償化しました。

Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*