無料(フリー)のオフィスソフトは、どれが使える?


Sponsored Links




10.ジャングルの「Polaris Office」

(1)Polaris Office (ポラリスオフィス)

Polaris Office (ポラリスオフィス)は有償ですが、
・WORD(文書作成)
・SHEET(表計算)
・SLIDE(プレゼンテーション)
・PDF(PDF作成・閲覧・編集・変換)
の全ての機能を搭載した、総合Officeソフトです。
そして、Microsoft Word、Excel、PowerPoint と高い互換性を誇るオフィスソフトです。

Microsoft社のOfficeのようにクラウドを利用して、データ共有することも可能です。

Polaris Office (ポラリスオフィス)

【入力対応フォーマット】
.doc, .docx, .xls, .xlsx, .csv, .odt, .ppt, .pptx, .pdf, .txt

【出力対応フォーマット】
.doc, .docx, .xls, .xlsx, .csv, .ppt, .pptx, .pps, .ppsx, .pdf, .odt, .txt

対応OS
Windows10(32bit/64bit)/8.1(32bit/64bit)/ 7 SP1以降(32bit/64bit)

■「 Polaris Office 体験版 」の仕様制限について
・この体験版は、「Polaris Office」製品版と同様、すべての機能が試用可能。
・初回起動後、30日間試用可能。

専用のクラウドサービス Polaris Drive(ポラリスドライブ)

Polaris Office(ポラリスオフィス)のログイン機能を利用することにより、専用のクラウドサービス Polaris Drive(ポラリスドライブ)と連携できます。DropboxやGoogle Driveとも連携可能です。

Polaris Drive(ポラリスドライブ)上に保存したデータは、無償の iOS/Android用の「Polaris Office」アプリを利用すれば、モバイル端末からログインして閲覧・編集が可能です。

Polaris Office
https://www.polarisoffice.com/ja/

(2)Polaris Office for Mac

2017年3月13日、
ソースネクストが、Mac OS用となるMicrosoft Office互換のオフィス統合ソフト「Polaris Office for Mac」を発表、3月13日(月)にダウンロード販売を開始します。尚、パッケージ版は4月5日(水)に発売。

MAC用のフリーのオフスソフトには、OpenOffice、NeoOffice、NeoOfficeなどが有りますが、編集ができて保存ができるのは、OpenOffice、NeoOfficeだけです。(NeoOfficeの無料版は保存ができません)。

パッケージ版の標準価格:3,980円(税抜)

MAC用のフリーのオフスソフト(OpenOffice、NeoOffice)も有りますが、ちょっと不安な方は、有料ですが、Microsoft社のOfficeとかなり互換性のある、本物のOfficeよりも遥かに安い、「Polaris Office for Mac」も有りではないでしょうか。

機能
(1)「Sheet」(MS excel 相当)
・330種類の関数に対応
・ピボットテーブル
・フィルタと並べ替え
・ドキュメント保護
・グラフ・チャートの挿入

ファイル形式:xls 、 xlsx形式のデータをサポートし、330種類の関数に対応。

(2)「Word」(MS Word 相当)
フィル形式:doc、 docx形式のデータをサポートし、日本語の縦書きにも対応。

(3)「Slide」(MS PowerPoint 相当)
<主な機能>
・スマートガイド
・多彩なオブジェクトの挿入
・豊富なアニメーション
・スライドテンプレート

ファイル形式:ppt 、 pptx 、 ppsx形式のデータをサポート。尚、ppsx形式のデータは閲覧のみとなる

対応OS
OS X Yosemite(v10.10)、OS X El Capitan(v10.11)、macOS Sierra(v10.12)
macOS High Sierra(v10.13)

・「Polaris Office for Mac」 ソースネクスト サイト
http://www.sourcenext.com/product/pc/ofc/pc_ofc_001640/?i=gt_info

関連記事
Microsoft社が、Androidスマートフォン向けにOfficeアプリ(「Word」、「Excel」、「PowerPoint」)の正式版をリリース
Microsoft社が、スキャナーアプリ「Office Lens」をiOSとAndroid OS向けに無償公開

Microsoftが、Mac向け「Office for Mac 2016 Preview」を無償公開
Microsoft社が、次期OS「Windows 10」向けのオフィススイート「Office for Windows 10」を公開
Microsoft社が、iOS版及びAndroid版「Microsoft Outlook」を公開したと発表

The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィススイート「Apache OpenOffice」v4.1.2を公開

The Document Foundationが、無料のオフィススイート「LibreOffice 5.0」を正式公開
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v4.4.0を公開

フリーのデータベースソフト「Base(ベース)」についてとデータベースアプリを作成するには。。。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加