【アップデート情報】Appleが、iOS版とMac版の動画編集アプリ 「iMovie」 に多数の新機能を追加した新バージョンをリリース

2019年6月11日、
Appleが、iOS版とMac版の動画編集アプリ 「iMovie」 に多数の新機能を追加した新バージョンをリリースしました。

動画編集アプリは、ちょっと、独特で、操作に慣れるのに、時間がかかりますが、慣れてしまえば、何とかなります。 後から、こんな事もできるのか、といじっている内に面白くなるでしょう。

新機能

•新しいグリーン・スクリーン・エフェクト
ビデオを変換することにより、グリーンスクリーンやブルースクリーンの前で撮影されたクリップの背景をすばやく削除できます。

• 4ポイントマスクと“強さ”スライダを使って、グリーン・スクリーン・エフェクトを調整できます。

• ムービーの長さに自動調整される80種類の新しいサウンドトラックを、ポップ、チル、センチメンタルなどのジャンルから選べます。

•ロゴやカスタムグラフィックスとして使用するために、透明な背景の静止画像をビデオの上に重ねて追加できます。

• 写真をオーバーレイとして追加して、ピクチャ・イン・ピクチャやスプリットスクリーンのエフェクトを作成できます。

• ピクチャ・イン・ピクチャとスプリットスクリーンのエフェクトを囲む枠線の表示/非表示を切り替えることができます。

• ほかのアプリケーションからiMovieに切り替えたときに、プロジェクトの編集画面にすばやく戻ることができます。

• ClassKitへの対応により、生徒は“スクールワーク” Appを使用してビデオの課題を教師に提出できます。

• iMovie Theaterにビデオがあるユーザの場合、“Theater”ウインドウは“プロジェクト”画面の下にある“•••”メニューからアクセスできるようになりました。

• iMovie Theaterでの共有はできなくなりました。Apple TVなどのほかのデバイスでムービーや予告編を視聴するには、iCloud写真にそれらを保存してください。

• 外部ディスプレイにフルスクリーンでビデオをプレビューすると画面が黒くなることがある問題を解決しました。

App Storeプレビュー(iPhone版、iPad版)
https://apps.apple.com/jp/app/imovie/id377298193#?platform=iphone


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする