無料(フリー)のオフィスソフトは、どれが使える?


Sponsored Links




3.OpenOffice.org系

OpenOffice.org」は、2011年6月にOracleからApache Software Foundationに寄贈され、「Apache OpenOffice」と改名されました。

そして、もう一つ、OpenOffice.org開発コミュニティーの主要メンバーが設立したThe Document Foundationにより開発されている「LibreOffice」があります。

1)LibreOffice(リブレオフィス)

もし、デスクトップで使用するフリーのオフィスでしたら、これが一番お薦めでしょう。バグフィックスや機能の更新も定期的に実施されていますので、アップデートは面倒ですが、長く使用するのであれば、1本確保して使用するに値するでしょう。

2010年9月、OpenOffice.orgプロジェクトの一部メンバーは、The Document Foundation という新しいグループを結成し、Oracle 主導のオープンソースの生産性スイート「OpenOffice.org」 の次期バージョン3.3を開発した「LibreOffice」を作成したところから始まっています。 ですので、「LibreOffice v3.3」が初版のバージョンになります。

追記> 2016年12月
現在、「LibreOffice」のバージョンは、v5.2ですが、V5.3からMicrosoft社のOfficeの様にリボン風のユーザーインターフェイスデザイン(UI)を採用する予定です。

LibreOffice

日本語にも、ちゃんと対応していますので、大丈夫。

(1)Writer

LibreOffice writer

ワープロ機能を持つアプリで、MicrosoftのOffice Wordと互換性もあります。

(2)Calc

LibreOffice calc

表計算機能を持つアプリで、MicrosoftのOffice Excelと互換性もあります。

(3)Impress

LibreOffice impress

Impressは、効果的なマルチメディアプレゼンテーションを作成するための本当に優れたツールです。

(4)Draw

LibreOffice draw

・Drawで効果的なデザインで直感的にフローチャートを描けます。
・Drawで写真や画像をさまざまな方法で処理できます。それを使って完璧なフォトアルバムを作ることもできます。

(5)Base

LibreOffice base

・BaseはCalcファイルにデータ範囲にリンクさせて、ピボットテーブルによる解析やグラフを作成するといった使い方もできます。

・Microsoftの「Access」との互換性は、テーブルくらいでしょう。フォーム、レポートの互換性はありません。

–関連記事–
フリーのデータベースソフト「Base(ベース)」についてとデータベースアプリを作成するには。。。

対応OS
Windows、Mac、Linuxなどでも使用できます。

私も、個人的には、開発も頻繁にしていますので、OpenOfficeも良いのですが、「LibreOffice」を使用しています。

LibreOfficeホーム サイト
http://ja.libreoffice.org/home/

LibreOffice Portable(USBポータブル版)
http://portableapps.com/apps/office/libreoffice_portable

LibreOffice Template Center テンプレートも豊富にあります。
http://templates.libreoffice.org/

関連記事
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v6.2を公開
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v6.1を公開

2)Apache OpenOffice.org

「Apache OpenOffice 4.0」では、OpenOffice.orgの派生版としてIBMが開発してきた「Lotus Symphony」の機能を統合しています。

OpenOffice

このアプリは、ブラウザではなく、ダウンロードして、デスクトップ上で動作するOfficeです。

起動画面

OpenOffice4

機能
・ワープロ機能(Writer)
・表計算機能(Calc)
・プレゼンテーション機能(Impress)
・図形描画機能(Draw)
・数式エディタ機能(Math)
・データベース(Base)
をシームレスに統合しています。

対応OS
Linux,Windows, Solaris Intel, Solaris SPARC, FreeBSD, Mac OS Xなど、さまざまなプラットフォームに対応しています。
・2016年6月現在、Windows版のバージョンはVer4.12

・OpenOffice ダウンロード サイト
http://www.openoffice.org/ja/

・USBポータブルもあります。 OpenOffice.org Portable
http://portableapps.com/apps/office/openoffice_portable

関連記事
The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィススイート「Apache OpenOffice」v4.1.2を公開

3)IBM Lotus Symphony

「IBM Lotus Symphony」は、「OpenOffice.org」をベースに開発されていました。
2012年1月、米IBMは、「Lotus Symphony 3.0.1」最終版をリリースしましたが、今後はIBM版の「Apache OpenOffice」としてリリースされています。

対応OS
Linux, Mac OS, Windows

・IBM サイト
http://www-03.ibm.com/software/products/ja/lotusymp

http://www14.software.ibm.com/webapp/download/search.jsp?rs=swg-normandy 

4)「Go-oo」

「Go-oo」と「OpenOffice.org」は、基本的には同じソフトです。
ちょっと違うのが「OpenOffice.org 3.0」での新機能のいくつかが削られ、軽量化されてます。

Go-oo

インストールメモ
「OpenOffice.org 3.0」がインストールされている状態で、これをインストールするとかぶってしまいますので、注意して下さい。

本家のサイトではありませんので、インストーラーをダウンロードして、ネットよりダウンロード、インストールするタイプになっています。

本来は英語表示ですが、本家サイトに日本語の言語パックが有りますので、日本語表示することはできますが、本家サイトが工事中で開けません。

・Softonic ダウンロード サイト(本家サイトが開けませんので)
http://go-oo.en.softonic.com/download

関連記事
Microsoft社が、Androidスマートフォン向けにOfficeアプリ(「Word」、「Excel」、「PowerPoint」)の正式版をリリース
Microsoft社が、スキャナーアプリ「Office Lens」をiOSとAndroid OS向けに無償公開

Microsoftが、Mac向け「Office for Mac 2016 Preview」を無償公開
Microsoft社が、次期OS「Windows 10」向けのオフィススイート「Office for Windows 10」を公開
Microsoft社が、iOS版及びAndroid版「Microsoft Outlook」を公開したと発表

The Apache Software Foundationが、オープンソースのオフィススイート「Apache OpenOffice」v4.1.2を公開

The Document Foundationが、無料のオフィススイート「LibreOffice 5.0」を正式公開
The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート最新版「LibreOffice」v4.4.0を公開

フリーのデータベースソフト「Base(ベース)」についてとデータベースアプリを作成するには。。。

次のページは、NeoOffice(Mac OS X 用)です。


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加