【2019年 年賀状作成】無料の2019年の年賀状作成に関する情報を随時掲載します。

無料の2019年の年賀状作成に関する情報を掲載します。

その中には、フリーで使える年賀状のテンプレート、Windowsやスマホで、無償で使える年賀状作成アプリの情報などを12月位まで、時系列で順に記載してゆきます。 これからどんどん、記事が増えてゆきます。

早いサイトでは10月下旬から、遅くても11月末までには公開されます。

ですので、年賀状の作成で、何かいいアイデアがないか、困った時は、参照してみてください。

2018年10月

1)KADOKAWAから「KADOKAWA年賀状素材集2019年版」を発売

2018年10月12日から、全国の書店およびインターネット書店にて全10タイトルを販売している。

こちらは、毎年、本屋さんに平積みされる「年賀状素材集」の書籍です。
素材集のCD又はDVDが付いています。

・年賀状素材集の検索結果
https://www.kadokawa.co.jp/product/search/?auth=%E5%B9%B4%E8%B3%80%E7%8A%B6%E7%B4%A0%E6%9D%90%E9%9B%86%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8

2)年賀状プリント決定版 2019

早速、テンプレートBANK(TB)から、2019年度版の亥年の年賀状テンプレート、干支や賀詞などのイラスト素材が「無料」で提供されています。

利用条件
「無料年賀状」は、無料会員登録をするだけで、全てご利用いただけます。喪中はがきデザイン、寒中見舞いデザインもすべて無料会員登録でご利用になれます。

・サイト
https://nenga.templatebank.com/

3)プリンターメーカー3社の「年賀状」特集サイト

10月中旬過ぎですので、プリンターメーカー3社とも、サイトを2019年版に更新しています。

プリンターメーカーですので、年賀状以外の素材も豊富で、ペパークラフト、スクラップブック、アート、カレンダーなど、種類も豊富です。

(1)ブラザー

https://online.brother.co.jp/ot/dl/nenga/

(2)キャノン

http://cp.c-ij.com/event/nenga/jp/

(3)エプソン

2018年11月1日公開

スマホ用無料アプリ『スマホでカラリオ年賀2019』提供開始!

1)230種類のテンプレートを収録

2)豊富なスタンプを搭載

パソコン向けアプリケーションソフト「Epson Photo+」でも、「スマホでカラリオ年賀2019」で使われているテンプレート230種類がダウンロードでき、簡単に年賀状が作れます。11月15日より宛名印刷と住所録管理機能にも対応し、通信面も宛名面も簡単に作成できます。

・「Epson Photo+」の詳細は、下記のサイト。
https://www.epson.jp/products/colorio/guide/software/

年賀状のポータルサイト「年賀状特集2019」
https://www.epson.jp/katsuyou/nenga/

2018年11月

4)日本郵便(株)

2018年11月1日、
日本郵便(株)が、「郵便年賀.jp」 2019版のWebサイトを公開しました。

年賀状の作成は、ウェブ版、インストール版、スマホアプリ版の3つが選択できます。
・ウェブ版   :オンラインでデザイン、印刷、投函したい場合
・インストール版:宛名書きを含め、自宅で印刷したい場合
・スマホアプリ版:スマホから手軽に印刷・投函したい場合

・インストール版の「はがきデザインキット2018」 ダウンロードサイト
https://yu-bin.jp/create/design_kit/install/

※「Adobe AIR」が必要です。

対応OS
・Windows版:Windows 7、8、10
・Mac版  :OS X10.7以降。

・サイト :https://yu-bin.jp/create/design_kit/

去年までの情報でしたら、各サイトの情報を掲載しています。
関連記事
「年賀状作成」関連

年賀状作成フリーの素材集(裏面の素材・デザイン集)です。

年賀状作成用のフリー(無料)ソフトのまとめです。

無料で年賀状が作れるプリンターメーカー3社のサイト

ネットから年賀状を作成、印刷、郵送できるオンラインWEBサービス


Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください