Burnawareが、日本語に対応した無償の定番ライティングソフト「BurnAware Free」の最新版v11.8を公開しました。

2018年12月4日、
Burnawareが、日本語に対応した無償の定番ライティングソフト「BurnAware Free」の最新版v11.8を公開しました。

今回のアップデートで日本語に対応、インストール時に日本語を選択できるようになりました。

「BurnAware」は、デジタル写真、写真、アーカイブ、文書、音楽、ビデオなどのあらゆる種類のファイルをCD、DVD、Blu-rayディスクに書き込むことができる、本格的で使いやすい書き込みソフトウェアです。

Windows標準のライティングは、使い勝手が悪いので、このような定番ソフトを入れておくと大変便利です(もちろん、DVD装置にバンドルされているソフトが有れば良いですが)。

BurnAware Free

本ソフトには3エディションがあります。
・Free(個人用途に限り無償で利用可能)
・Premium
・Professional

対応OS
Windows XP、Vista、7、8、8.1、10

・Burnaware ダウンロードサイト
http://www.burnaware.com/

関連記事
Power Software Ltdが、CD/DVD/Blu-rayライティングツール「AnyBurn」の最新版v5.0を公開
首都大学東京発のベンチャー企業トランスレコグが、PDFに重ねて書ける、Windows向けメモアプリ「AxelaNote」を開発・公開

Burnawareが、CD/DVD/Blu-ray Discに対応したフリーのライティングソフト「BurnAware Free」のv10.4を公開

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする