プラネックスが、LTE対応で単体設置を行える監視カメラ「スマカメ2 LTE」を発表しました。

2019年3月29日、
プラネックスが、LTE対応で単体設置を行える監視カメラ「スマカメ2 LTE(CS-QS50-LTE)」を発表しました。 予想実売価格は3万4800円。出荷予定は4月5日。 

防水防滴機能を装備した屋外対応の「ネットワークカメラ」で、有線LAN接続/LTE通信に対応していますので、Wi-Fi環境にない場所でも、MVNOの「格安SIM」を使用すれば単体で通信を行えるのが大きな特徴です。

カメラ特徴
・最新規格のH.265による映像圧縮技術を採用。H.264の約2倍という圧縮率により、フルHDの高画質映像を低容量で記録することが可能。
・同画質でも低容量となりますので、通信費削減も可能。
・防水・防塵仕様により屋外への設置にも最適。
・ソニー製高感度CMOSセンサー「IMX323」を搭載し、月明かりや街路灯などわずかな光があれば、夜間でも赤外線照射なしでカラー映像が撮影可能。

アプリ
最大10台までのカメラを登録して切り替えられる、Android用アプリ「スマカメ」、iPhone用アプリ「スマカメ2」を無料で提供。
また、最大16台登録可能なWindows用アプリも無料で提供

・プラネックス 商品サイト
http://www.planex.co.jp/products/cs-qs50-lte/index.shtml


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする