ドイツのDeepL社が、「DeepL翻訳」で日本語と中国語に対応したと発表しました。

2020年3月19日、
ドイツのDeepL社が、「DeepL翻訳」で日本語と中国語に対応したと発表しました。

DeepL社は、2017年8月にDeepL翻訳を公開しています。
ディープラーニングを活用した機械翻訳サービスで、これまで英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、オランダ語、ポルトガル語、ロシア語に対応していたが、20年3月下旬に日本語と中国語にも対応しました。

日本語も儘ならない親父ですので、翻訳の評価は、一切しませんが、Windows版、Mac版両方インストールして、試してみましょう。

DeepL翻訳

翻訳方法
■WEBサイト
・テキスト入力
・Microsoft WordやPowerPointの文書などをドラッグ&ドロップして翻訳することも可能。

■PCに専用アプリ
Windows版/macOS版をダウンロード、インストール(タスクトレイに常駐)、Macでサイトを開けば、Mac版をインストール出来ますが、どう?起動するのか、戸惑っています。

Windowsなら「Ctrl+C」)を2回押すだけで翻訳可能です。

■プロの翻訳者向け、文字数制限がなく、DeepLのAPIなどを使える有料サービス「DeepL Pro」も提供しています。

・DeepL サイト
https://www.deepl.com/home

関連記事
Microsoftが、「Microsoft Translator」アプリで、オフラインでもニューラル機械翻訳(NMT)機能が利用可能と発表

Googleが、リアルタイム カメラ翻訳機能を追加した「Google翻訳」アプリをリリース

60以上の言語に対応した翻訳ソフト「Lingoes Translator」。

Googleが、「Google翻訳」の最新版をiOS、Android向けに公開

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする