モニターの輝度調整スライダーを追加するタスクトレイ常駐型アプリ「Twinkle Tray」v1.9.1が公開

モニターの輝度調整スライダーを追加するタスクトレイ常駐型アプリ「Twinkle Tray」v1.9.1が公開されています。

個々の画面の明るさを調整できますので、特に、マルチモニター環境でパソコンを使用している人にお勧めです。 

<タスクトレイから設定を表示させた画面です>

Twinkle Tray

新機能
・「ディスプレイをオフにする」ための設定可能なホットキーが追加されました。

・「ディスプレイをオフにする」アイコンをよりわかりやすいものに切り替えました。

・時間調整機能は、ユーザーのOS設定に応じて12時間または24時間の時計を使用するようになりました。

・最適化されたディスプレイスキャンプロセス。
ディスプレイの検出がより速く、より信頼できるようになりました。

感想
「Windows 10」の最新バージョンでは、夜間モードをサポートしていますので、時間を指定すると、画面の照度が自動的に変更できますが、このアプリは、マルチ画面で称している場合、左・右別々に照度を変更できますので便利です。

私の場合、左画面を参照用、右画面は入力画面などとして、分けて使用していますので、左だけ少し暗くという風に使用できます。

ちょっと、分かりずらいのですが、こんな感じになります。

対応OS
Windows 10

・Twinkle Tray(容量:50MB) ダウンロードサイト
https://twinkletray.com/

その他、画面の照度・色などを調節できるアプリもありますので、参考にしてください。

関連記事
画面がまぶしい時に便利な、モニター画面の照度と色を調節できるフリーソフト2本「如意スクリーン」と「f.lux」

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする