スマートウォッチなる物を買ってみましたが、考えていた事より、遥かに役に立ちます。 特に健康に気遣う年齢層にお勧めです。

2020年5月8日、
今回、「Apple Watch」ではなく、普通の「スマートウォッチ」なる物を買ってみましたが、当初、考えていたり、遥かに役に立ちます。

特に健康に気遣う年齢層(お父さん)にお勧めです。

実は、Appleの「Apple Watch」が出た頃、こんなの必要ない。。。と、ずーっと思っていました。 でも、20年以上使っていた、重い腕時計を置き時計にしてしまって、常時する使用する腕時計が1本しかありませんので、連休中に何を思い付いたか「スマートウォッチ」を買い足してみた次第です。

連休で、暇に任せて、密かに色々と調べてアマゾンから購入。届いてから、まだ2日間しか経っていません。

結論から先に云うと、
スマートフォンでもある程度の健康管理ができますが、人体に接触しないと計測できない項目がありますので、精度の是非はありますが、それが計測できるのが、この「スマートウォッチ」で、計測データをスマホで管理できるのがメリットでしょう。

人体に接触しないと計測できないと云うのは、特に、
■心拍(光学式心拍センサー)を搭載。
■睡眠時間等(総睡眠時間、深い睡眠、浅い睡眠、目覚め時間等が表示)の健康管理計測機能が良いです。

私が、色々ある中で、この端末を選んだ理由は
老眼ですので、1.54インチと画面が少しでもデカいと見やすい。
「Apple Watch」と違い、値段が手ごろ(5千円ちょっと)なことです。

初めてですので、失敗しても、損失は少ないと思い購入しましたが、使いこなすのは多機能ですので大変そうな予感です。
これからこの端末のポテンシャルを引き出してみましょう。

スペック

ブランド Smoatc
商品重量 141 g
梱包サイズ 15.2 x 8.6 x 3 cm
電池: 1 リチウムイオン 電池(付属)
製造元リファレンス Z12C
カラー gun metal
通信形式 Bluetooth
ワイヤレスタイプ ブルートゥース
OS iOS, Android
リチウム電池 0.15 watt_hours
リチウム電池パック 電池内蔵

特にいいと思う機能
運動サポート・活動量計・活動軌跡・歩数計
毎日の歩数、距離、消費カロリーを自動に記録する以外、8つスポーツモードも搭載されています、スポーツを始める前、対応するモードを起動すれば、よりに高精度なデータを表示できます。ジョギング、ランニング、登山、騎乗、4種類の運動モードはAPPと連携してGPS軌跡トレーニングを行うことができます。

健康管理・睡眠モニター・心拍数記録
最新光学式心拍センサーが搭載され、毎日スマートウォッチを手首に付けてだけで、自動に心拍数を測定する、そして日々計測したデータはスマホの専用アプリで長時間保存し、手軽くて管理できます。昨晩の20時から当日の12時までの睡眠情報を記録する可能です、その中、総睡眠時間、深い睡眠、浅い睡眠、目覚め時間等がはっきり表示でき、日常の健康管理に役に立ちます。

気付いた感想
■表示時刻を合わせようとしましたが、どこにも設定メニューが無い。スマホと連動して初めて現在時刻を表示できるようになりました。 なんだこれ!です。

■単体で使うようには、あまりできていませんが、スマホをお持ちなら、専用のアプリがありますので、それをインストールして、連動させて利用すれば一層便利になります。

■高齢者でも、スマホを使っていれば、使い始めのセットアップ作業をお子供さんにでも、やってもらえば、十分使えるでしょう。

関連記事
ディーゼルが、新型タッチスクリーンスマートウォッチ「Full Guard 2.5」を発売しました。
MATRIX INDUSTRIES社が、世界初の体温で発電するスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch(マトリックス パワーウォッチ)」を、4月12日に日本で発売すると発表
ソニーが、腕時計のバンド部分にスマートウォッチ機能を内蔵した「wena wrist active(WA-01A/B)」を3月9日に発売すると発表
米「Pebble」社が、初の丸型スマートウォッチ「Pebble Time Round」を発表


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする