タブレット一覧

B&Sパートナーズが、Windows 8.1とAndroid 4.4の2つのOSを搭載した7インチタブレット「AzICHI AWOS-0701」を発売

価格は、歓迎されるべき価格なのですが、微妙な商品ですね。 連続使用可能時間が、約2.5時間とちょっと少なめ、Windows使用時のメモリが1GBとちょっと少なめです。 果たして、WindowsとAndroidの両OSを切り替えて、使用するシーンがあるとしたら、どんな場合だろう?

マウスコンピューターが、Windows 8.1 with Bing搭載、着脱式キーボード標準付属の8.9型タブレットPC「WN891」を発売

値段は、3万円弱位とMicrosoftの「Surface」を購入するよりはるかに安いのです。でも、CPUにAtom Z3735F(1.33GHz/最大1.83GHz)を搭載していますが、ちゃんと動くのでしょうか? 一度、使ってみたいですね。 次期OS、「Windows 10」を入れてもちゃんと動くなら、1台欲しい所です。

6,980円、ドン・キホーテの激安Androidタブレット「カンタン Pad 2」を3月9日より発売すると発表

昨年11月5日に発売した「カンタン Pad」のスペックアップ版となると思います。 本体メモリ を4Gから8Gに、 画面解像度を 800× 480ピクセルから 1024×600 ピクセルに向上しています。 値段は6,458円(税込)から6,980円(税抜)にちょっと上がってしまいましたが。。。。6万円代ですの何とか。

NO IMAGE

2014年、年末に発売する格安のWindowsタブレット4台とAndroidタブレット3台です。

年末商戦に間に合うかのように、たくさんの端末がリリースされていますが1万円ちょっとでWindowsタブレットが手に入ります。値段も2万円前後から4万円くらいのものが多いです。CPUはほぼ同じですが、安いのはメモリが1GBだったり、電池容量がちょっと少なかったりしていますが家の中でしか使わなければ、安いモデルで十分です。