04.Access講座一覧

32Bit版から、64Bit版の「Windows 10」にパソコンごと入れ替えた時に、Office365(Office2016)のAccess2016を使用する場合の注意点。

新たに、Windowsマシンを購入する時には、現在、もう殆ど「Windows 10」の64Bit版しか販売していません。 但し、「Windows 10」の64Bit版で、Officeも64Bit版を入れてしまうと、Office特に、32Bit版で作成したAccessが動かなくなります。

会社で、Excelを使い、業務データベースを作り、失敗しないで導入するには?

色々な会社がありますが、小さな会社でも、Excelを使いこなして、業務処理ができるデータベースを作成することの能力を身に着けた方がたまに一人くらい居ます。 自分だけで、業務を遂行するために使用している場合、その段階なら問題ないが、複数の事業所で、それを共通的に使わせ、データを共有化させようとすると、途端に問題が発生します。

「サイボーズ」のWEBを利用した業務アプリが作れる、使える「kintone」について

「サイボーズ」の場合、グループウエアとして「サイボーズOffce」もありますが、グループで使用することのない業務の場合は、必要ありませんので、ほぼ、使わないでしょう。 このWEBサービス(kintone)が良いなと思った点と、ほんとに誰が作るのと考えてしまう事。

先月末、ある日、突然、Windows10で使用している「Access 2016」で動かしているアプリケーションが動かなくなるです。「Access 2010」でも起こっている問題でもあります。

結論から先に云えば、私のお客様の所でも、同じ状況になっていて、お客様が、ネットを参考にして格闘していて、私は手を出していませんが、まだ復旧できていないようです。 供給された、「Ofificeのサービスパック」の不具合のようですが、これが、対策して治ったユーザーも居れば、治んないユーザーも居てちょっと混乱しているようです

第6回 EXCELで作成した住所録をAccessに取り込んではがき宛名印刷をしてみる。

Accessはデータベースを作成する為のアプリケーションですが、年賀状のデータを移行して、印刷処理を作るのも簡単にできます。 合計3分で、宛名書き印刷処理プログラムが完成できます。 尚、Access 2010、2013、2016でも同じようにウイザードを利用できます。

小規模企業の為の社内LANを構築して、業務で活用する方法について

そこで、会社の大小にかかわらず、社内で扱う情報の量が増え、同時に処理する時間も増えて、本来、お客様と接するのに多くの時間を使うべきなのですが、それもままならい状態になっている会社も多いのではと思います。 ただインターネットを共有するだけではなく、社内でどのように情報を共有して、仕事を効率よく遂行するかについても、同時に考えながら「社内ネットワークの構築」を実施すれば、少しの投資で、大きな効果が表れるのでなないでしょうか。

第4回 マイクロソフト ACCESS(アクセス)でデータベースを作成 検索・抽出処理

そこで今回は、「EXCEL」から「ACCESSデータベース」に移行した時、「EXCEL使い」を安心させてあげることができる検索・抽出方法を複数紹介します。 何万件データが登録されていても、効率よく個々のデータを読み出すことが可能です。顧客データなどを管理する保守画面などで、有効ではと思います。