ハーマンが、AppleのLightningコネクタからダイレクトに接続するノイズ キャンセリングイヤホン 「REFLECT AWARE(リフレクト アウェア)」を発表

2016年7月8日、
ハーマンが、AppleのLightningコネクタからダイレクトに接続するノイズ
キャンセリングイヤホン 「REFLECT AWARE(リフレクト アウェア)」を発表しました。

販売価格:24,880円(税抜)、発売日:7月16日を予定。

「iphone 7」では、イヤホンジャックがなくなる。。など噂されていますが、Lightningコネクタが消えなければ、これからも使えるでしょう。

高価ですが。。。「JBL」ですので。。音は確かでしょう。

1台 欲しい商品ですが、私の場合、音よりも、配線をすっきりさせて使用したいので、ビーツのイヤフォンをSONY製「Bluetoothヘッドセット」に接続して使っています。
sony_mw1_001s

Sponsored Links




REFLECT_AWARE_001REFLECT_AWARE_002

色は、ブルー/ブラック/レッド/ティールグリーンの4色

特徴

1)iPhone、iPod、iPadの「Lightningコネクタ」にデジタルで直結です。

REFLECT_AWARE_003

イヤフォンジャック用の配線は、すぐ断線してしまいますが、このコネクタは丈夫そうですね。

2)ハイブリッド式ノイズキャンセリング採用により消音性能と高音質を両立

3)周囲の環境音の聞こえやすさ(アンビエントアウェア)を調整可能
環境音の聞こえやすさをHigh、Medium、Lowの三段階で調整可能です。

4)多彩な操作が可能な4ボタンリモコン搭載

REFLECT_AWARE_004

5)大口径14.6mmの新開発ドライバーを採用

6)My JBL Headphoneアプリ(無料/英語版)に対応し、多彩な設定が可能。

iOSに対応した専用アプリ経由で、好みに合わせた音質調整(イコライジング)や電池残量の確認、ファームウェアのアップデートなどの調整・ 設定、ノイズキャンセリング機能のON/OFFや、周囲の環境音の聞こえやすさ(アンビエントアウェア)の調整も可能です。

・ハーマン公式通販 サイト
http://shop.harman-japan.co.jp/products/?alias=reflect_aware

関連記事
Sony Mobileの新型Bluetoothヘッドセット「SBH54」が、日本でも購入できるようになったようです。
Apple Storeが、Beatsヘッドフォンの日本限定モデル「Beats Solo2」と「Powerbeats2」を発売

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*