日立マクセルが、Bluetoothのワイヤレスレシーバー「MXH-BTR300」を発表

2017年1月19日、
日立マクセルが、Bluetoothのワイヤレスレシーバー「MXH-BTR300」を発表、発売日は1月25日。 市場想定価格は3,000円で、イヤフォン付属モデルは3,900円。

最近は、Appleの「AirPods」の様なBluetooth機能の付いたイヤフォンが市場に出回ってきていますが、まだまだ、電池を搭載する必要性がありますので、「ごつい」ものが殆どです。

私の場合、下記の様な「Bluetoothヘッドセット」が一番いいですね。電池が切れたときにすぐに取り換えられるように3台持っています。何より好みのイヤフォンが使えますし、Bluetooth内臓のイヤフォンより、電池の持ちが違います。FMラジオを聴けるのもあります。


Sponsored Links





 

大きさ:直径44×厚さ16mm、重さ:16g。

機能
・HFP/HSP対応のスマートフォンや携帯電話では、ハンズフリー通話が可能です。
・端末を同時に待ち受け状態にできるマルチポイントは2台に対応。どちらの端末が着信しても応答してハンズフリー通話が可能。
・マルチペアリングは最大8台まで。
・Bluetooth®Ver4.1対応
約8時間の長時間連続再生

Sponsored Links











関連記事
Apple Storeが、Beatsヘッドフォンの日本限定モデル「Beats Solo2」と「Powerbeats2」を発売
iPhone付属のApple純正の誰も使わない「鼻たれ」イヤホンを耳から落ちない様にする方法。
Sony Mobileの新型Bluetoothヘッドセット「SBH54」が、日本でも購入できるようになったようです。
超小型サイズのBluetoothレシーバー通話用マイク搭載タイプと音楽再生専用タイプ、ヘッドホン付き/なしの2タイプ4モデルを12月上旬より順次新発売すると発表

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*