Appleの開発者向けイベント「WWDC17」が開催されましたが、「MacBook Air」が意外な展開を見せました。

2017年6月5日、
Appleの開発者向けイベント「WWDC17」が開催されましたが、「MacBook Air」が意外な展開を見せました。

昨年、Appleは薄く軽くなった新型の「MacBook Pro」を発売したが、みんなは、やっぱり新しい「MacBook Air」を欲しがっているのでしょうか?  消えませんでした!!!

私のお気に入り、お勧め、「MacBook Air 13インチ」とiPhoneについてです。
Sponsored Links




MacBook Air 13インチのCPUを1.8 GHzに変更し、オプションのストレージの容量を増しただけですが、ちゃんと生き残っています。 「MacBook Pro」がありますので、いつまで生かしておくのかは不明ですが、売れるものは、まだ殺さないのでしょう。

「MacBook Pro」を購入した友人も、数人いますが、まあ、大変で、「USB-C」ポートしか付いていませんので、各種機器を接続する為に、1万円以上するアダプターを購入して、本体にくっ付けて使用しています。。。ちょっとMacらしくお洒落でないのですが、背に腹はかえられません。

スペック

今年2月、「Mac」の購入相談を受けたときも、「MacBook Pro」はすでにリリースされていましたが、「MacBook Air」13インチを薦めて、Airにました。

通常使用するには、スペック的には「MacBook Air」で十分で、「USB-C」ポートと「3.5mmヘッドフォンジャック」しかついていないマシンはちょっとまだ早いです。

さあ、いよいよ、MacとWindows、iPnoneとAndroid端末を両方使用している感想です。

AppleのMacは、購入してから5年くらいは、Windowsマシンの様に、特に重くなるわけでもなく、壊れなければ、快適に使用できます。私の「MacBook Air」13インチは、2013年モデルだと思いますが、最新のOSを入れても、未だに快適に動いています。 しかも、Windowsの様に手間もかからずにです。

こんなに、ほめると、昔、Appleを嫌っていた私を知る友人たちは、「Appleの回し者」と言うでしょうが、パソコンは、ハードとOSを両方作っている会社の製品にかないません。

「iPhone」にしても、なぜ、「Android」スマホより、「iPhone」が良いかと言えば、もちろん値段は高価ですが、サクサク動くことです。 どんな使いこなせない奴が使ってもです。

もう一つ言えば、圧倒的に、スクロールの動作がきれいです。Androidスマホを好きになれないのは、片手、親指で画面をスクロールさせたとき、ガキガキとしか動作しないことで、一番がっかりする、残念な点でもあります。

ですので、現在、2万円で購入した電池長持ちのSIMフリーの「Zenfon 3 Max」を使用していますが、テザリング機能を使い、未だに「iPnone 6 Plus」をネットに接続して、参照系の作業をしています。

今秋に「iPnone 8 Plus」が出たら、AppleストアからSIMフリーの「iPnone 8」を真っ先に購入しようと企んでいます。。。。

追記
次期iphoneの「iOS 11」では、32ビットアプリケーションのサポートが、いよいよ打ち切られ、まだ使っている人は、11にアップデートすると、使用できなくなります。64ビット対応のアプリが、なければ、もう使えなくなりますので、今のうちに、64ビット対応のアプリにアップデートしておいたほうが、良いでしょう。

32ビットアプリの確認方法は、設定から、「一般」の「情報」のなかの「app」を開くと32ビットのアプリが表示されますので、64ビット版があるかどうか、チェックです。

なければ、「iOS 11」では、起動しません!!!

時代は、もう64ビットマシンの時代です。

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*