MacでWindowsアプリを動かす4つの方法について紹介します。


Sponsored Links




4.Microsoft 社のリモートデスクトップクライアント「Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2 」です。

Mac OSX上で、Windowsを動作させられる仮想化PCソフトウェアは、「Parallels Desktop」や「VMWare Fusion」、「Virtual PC for Mac 7」、そしてオープンソースでは「Q emulator」があります。

このフリーソフトは、デュアルブート方式(Boot Camp)でもなく、バーチャルマシンとも違う、Microsoft 社のリモートデスクトップクライアントです。

相手のPCをリモート操作するだけですので、「CPU」はあくまでもリモート接続先のPC(Windows側)のものを利用するので、重たい処理を行うには便利です。

Mac から Windows コンピュータに接続して、そのコンピュータ上のプログラムやファイルを操作する目的のプログラムで、「自宅の Mac から会社の Windows のファイルを操作したい」、「Access 、EXCEL、WORD、PPT など Windows 用アプリケーションをMac から操作したいといった利用を望む方に便利なユーティリティです。

Microsoft 社のWebサイトから無料でダウンロードできますので、上記の「用途」と「環境」が整っている方は、インストールしておいて損のないプログラムですので、一度お試しあれ。

機能概要
・Macintosh コンピュータから、Windows のすべての機能にアクセスすることができます。
・Macintosh と Windows のプログラム間で、情報のコピー アンド ペーストができます。
・Windows のプログラムから、Macintosh に接続しているプリンタで印刷(プリントアウト)ができます。
・Windows のターミナル サーバーを使って、職場の Macintosh ユーザーのグループに、Windows のみのプログラムへアクセスさせることができます。

必要な環境
Mac側
・プロセッサ   Intel CPU または500MHz以上の PowerPC G4, G5搭載の Macintosh
・OS     : Mac OS X 10.4.9 (Tiger) 以降

Windows側、対応OS
Windows Vista  Business、Enterprise、 Ultimate
Windows XP Professional、Media Center
Windows Server 2008 Datacenter、Enterprise、Standard
Windows Server 2003
ネットワーク接続で、ドメインに参加できるOSだけですので、ちょっと残念


Sponsored Links