そろそろ、サクサク動く、次のAndroidスマートフォンを探してみようか。。。

そろそろ、サクサク動く、次のAndroidスマートフォンを探してみようか。。。と考えていましたが、候補に上がるスマホを見つけましたので紹介します。

2017年10月2日、
Motorola(モトローラ)が、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Moto G5S Plus」を10月6日に国内発売すると発表しました。 価格は3万8800円(税抜)。

そもそも、「モトローラ」の端末に目を付けたのは、ワイモバイルで販売しているGoogleの「Android One」のように素に近い端末だからです。 「素」が何で良いかと云えば、OSのアップデートが、ほぼ、すぐにかけることができるからです。

ASUSやファーウエイ、日本製のAndroid端末は、独自のアプリを入れていますので、そのアプリとの整合性を取らないと、とんでもない事になりますので、せっかく最新OSがリリースされても、半年から1年経過してから、アップデートが可能になります。 なんじゃこりゃ!! です。 セキュリティの面から言っても、遅すぎ!!なのです。


Sponsored Links




現在、2017年1月14日に発売されたASUSの5.2型スマートフォン「ZenFone 3 Max」(端末の価格は2万円ちょっと)をビックカメラのBICSIM(IIJ)のSIMを入れて使用しています。

これの前は、ソフトバンクで契約した「iPhone 6 Plus」をメインで使用していましたが、2年満期で、MNPでBICSIM(IIJ)に乗り換えて、「ZenFone 3 Max」で使用しています。

1.ASUS「ZenFone 3 Max」のちょっとダメな所

このASUSの5.2型スマートフォン「ZenFone 3 Max」は電池が4000mahもあり、電池長持ちで大変いいのですが、画面をスクロールさせるときなど、スムーズでななく、ガクガクで、「iPhone 」を使っていましたので、信じられないくらい、我慢できないくらい、使いずらいのです。

初めは、「iPhone 6 Plus」–>「ZenFone 3 Max」をメイン機として使用しようとしていましたが、余りの性能の低さから、「通話」以外の機能は、いまだ「iPhone 6 Plus」です。

電話の着信時も、ロックがかかっていると、すぐに出るのが、ちょっともたついてしまいます。未だになれないのは、私のせいか?

2.そんなこんなで、別のメーカーの端末を物色していました。

そこで、登場したのは、Motorola(モトローラ)のSIMロックフリーAndroidスマートフォン「Moto G5S Plus」です。

Moto G5 Plus」の上位モデルで、コスパの良さはそのままに5.5型&デュアルカメラ化しています。

Motorola(モトローラ)のスマホは、振るだけで機能を利用できるMotoアクション、指紋センサーなど、「Moto G5 Plus」の特徴的な機能を継承しています。

主なスペック
・ディスプレイ:5.5インチ、1920×1080ドットのIPS液晶ディスプレイ。
(表面ガラスはCorningのGorilla Glass)
・OS      :Android 7.1.1
・CPU    :Snapdragon 625(2GHz、オクタコア)
・メモリ   :4GB
・ストレージ :32GB
・バッテリー :3000mAh
・DSDSに対応(SIMを2枚入れて、両方、稼働することができる機能)
・カメラ:
メインカメラは、f2.0で1300万画素×2のデュアルカメラ
インカメラは、800万画素。動画は4K 30fpsで撮影できる。

・指紋センサー:フロント指紋センサーを搭載
・無線LAN  :IEEE802.11a/b/g/n(2.4/5GHz)、Bluetooth 4.2 LE+EDR

3.取り扱いを始めたMVNO各社。

とりあえず、3社が、発表しています。

1)gooSimseller、「ZenFone 4」「ZenFone 4 Selfie Pro」「Moto G5s Plus」を販売開始

価格
・一括払い:31,800円(税抜)
※一括払いの場合、SIMカード初期費用3,000円(税抜)を含みます。

・分割払い:1,400円(税抜)/月×24回
※分割払いの場合、別途SIMカード初期費用3,000円(税抜)が発生します。OCN モバイル ONE音声対応SIMとセットでの販売となります。

・「NTTコムストア by gooSimseller 本店」
URL:http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/set/motog5sp.html

2)IIJ、個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」に、モトローラ製「Moto G5s Plus」を追加し、2017年10月6日(金)より提供開始

価格
・36,800円/1回払い
・月々1,580円/24回払い

対象回線
・IIJmioモバイルサービス タイプD/タイプA
・IIJmioモバイルプラスサービス(エコプラン)

・料金サイト
https://www.iijmio.jp/device/motorola/motog5splus.jsp

3)BIGLOBEがモトローラ製スマートフォン 「Moto G5s Plus」の提供を10月10日より開始

BIGLOBEモバイルの現行サービスである、NTTドコモのXi、FOMA回線を利用した「タイプD」と、新料金プランに加わった、auの4G LTE回線を利用する「タイプA」の両方に対応しています。

BIGLOBEモバイルの通信サービスと端末が定額の月額料金で利用できるサービス“アシストパック”を申し込むことで、「Moto G5s Plus」は月額1,610円(税別)。

■BIGLOBEモバイル 新端末料金表(税別)
https://www.atpress.ne.jp/releases/139735/img_139735_4.jpg

■BIGLOBEモバイル プラン月額料金(税別)
https://www.atpress.ne.jp/releases/139735/img_139735_5.jpg

————————————————

価格は税込み4万円位ですので、「ZenFone 3 Max」の倍の値段になってしまいますが、一番の問題点、「画面のスクロール時のガクガク感」が解消されるかどうか。。。。です。

これくらいの値段のクラスにならないと、Android端末で、ガクガク感の問題は解決されないように思います。

まだ実機に触っていませんので、量販店に展示された本体を操作してみてからですね。

「iPhone」が、何で良いかって? 値段が高価ですので、ガクガク感の問題なんて、皆無ですので。。。ただ、電話の待ち受けに使うだけなら、1万円以下のスマホで十分なのですが、スマホをパソコンの小型版として使用しようとすると、操作がサクサク動かないと無理ですね。

追記> 2017年10月9日
早速、発売されていると思い「Moto G5S Plus」の実機を触りに、「ヨドバシカメラ札幌」に足を運んだのですが、残念ながら、実機はまだ入荷していませんでした。

格安スマホのブースで、係のお兄さんと色々とお話をしている内に、現行の「Moto G5 Plus」が3万1千円程で販売していました。 この端末は、CPUも同じで画面が、5.5ではなく5.2インチで、「デュアルカメラ機能」など必要なければ、「Moto G5 Plus」でも良いかなと、思う羽目になって、また迷う事に。。。

BICSIM(IIJ)のSIM契約も、来年2月で1年を迎えますので、それまで我慢して、別のMVNOでSIMと「Moto G5S Plus」のセットで購入すれば、3万円台になると思うのですが、それとも端末だけ、速攻「Moto G5 Plus」を購入するか。。。。悩ましい処です。

係のお兄さんと色々とお話をしていて、分かったのは、1,2万円台の端末を購入してしまうと、メールと通話しか使わなければ、何の問題も無いが、パソコンのようにスマホを活用できるユーザーは、安いのは、避けた方が良いようです。 最低でも3万円以上の端末にしないと、私のように、スクロールがカクカクで、操作でイライラしてしまいます。

やはり、Android端末を自分で選んだり、人にアドバイスをするときは、どんな風な使い方をするのか、したいのか、よーく聞いてからでないと、失敗しますので注意が必要です。

その点、「iPnone」は、バカチョンですので、誰に薦めても、例え「猫に小判」、「豚に真珠」になっても、薦めた人に恨まれることは無いので。。。。気楽で良いですね。

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*