日本通信が、基本料190円から使えるデータ通信SIM「b-mobile S 190PadSIM」の対応通信キャリアを拡充し、ドコモのSIMも購入できるようになりました。

2018年7月25日、
日本通信が、基本料190円から使えるデータ通信SIM、「b-mobile S 190PadSIM」の対応通信キャリアを拡充し、NTTドコモのSIMも購入できるようになりました。

SMSだけしか使用しないのなら、もう、月額190円で使えちゃえます。

今回、新たに追加された「b-mobile S 190PadSIM」のドコモ版は、ソフトバンク版と同様に、月額基本料は100MBまでの高速通信が含まれ190円です。

100MBを超える利用は、1GBまでが540円、その後1GBあたり350円で10GBまで利用できる、ムダのない料金設定になっている。

ドコモ版では更に、プラス130円の月額基本料で、SMS付きの190PadSIMが新たに加わっっています。

・日本通信 サイト
http://www.bmobile.ne.jp


Sponsored Links




関連記事
日本通信が、SIMロックフリーのiPhoneやソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneで利用できるデータ通信用SIMカード「b-mobile S 190PadSIM(for iPhone)」を6月8日に発売すると発表

日本通信が、ドコモ回線でデータ通信が1GB使える音声通話対応SIMを月額990円で、2018年4月27日(金)より提供開始すると発表

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください