第2回 Windows Vistaが重い ハード的な要因についての対策方法

ハード的な要因についての対処方法

第1回で、記載したように、ハードのスペックが低いパソコンを購入してしまった場合ですが、まず、自分のパソコンのスペックを認識しましょう。 ここが、分かっている方は、読み飛ばしてください。 どうしようも無い事が、理解できているしょうから。。。
Sponsored Links





1.自分のパソコンの性能を測る方法として

Vistaから、「Windows エクスペリエンス インデックス」と言って、パソコンの性能評価を見ることのできるツールが付いていますので、それを実行すると、ある程度の指標がわかります。 「ベンチマーク」アプリではありませんので、あくまでも、快適に使えるかどうかの指標です。

1)「Windows エクスペリエンス インデックス」画面をチェックする。

Windows7の画面ですが、Vistaも同様の画面が表示されます。
「コントロールパネル」の「システム」の画面より、「Windows エクスペリエンス インデックス」画面を表示です。

win_exp_ind_001

上記のWindows エクスペリエンス インデックスについて
このスコア値ですが、「3」以上出ていれば、快適に使用できるといわれています。

2)スコアの見方

「Windows Vista」の場合は、「1.0」 ~ 「5.9」までの値が、下記のスコアでそれぞれ表示されます。

プロセッサ・スコア : CPUの性能です。
ここのスコアが「3」以下だと、CPUを変えない限り、改善しないので、性能の低いプロセッサの場合、パソコンを買い替える決断材料にする一番のポイントになります。
スコアが「3」以下だと、Office2007以上のバージョンをサクサクと動かすのは、難しいでしょう。

メモリ・スコア  : メモリサイズでスコアが変わります。 Vistaの場合、最低でも、メインメモリは「2GB」必要です。 1Gしか入っていない場合、 改善しませんので、即、2Gに増設です。

グラフィックス・スコア  : この値が「3」以下ですと、「エアロ」を切って、視覚効果を無効にして、使用すれば何とかなります。

ゲーム用グラフィックス・スコア : この値は、「3」以下でも気にしないでOKです。

プライマリ・ハードディスク・スコア :
ノートPC(2.5インチ)の場合、HDDの回転数が、通常のデスクトップPCの3.5インチのHDDより、2000回転くらい低いので、スコアが低いかもしれませんが、あまり気にすることはないと思います。

CPUが、「Core 2 Duo」だと、スコアは4~、このクラスのCPUですと、「Windows 7」にOSを入れ替えても、十分に動きます。 たぶんVistaより快適に動きます。

・ノート向けの超低電圧版「Celeron M」だとスコアは3~くらいですので、「Celeron 」クラスのCPUの場合は、微妙なところでもあります。 OSを調整して、少し「軽くする」方法はありますが、調整が結構「めんどくさい」と云う意味で。

3)OSをVistaからWindows7に入れ替えるという判断

この話をしてしまうのは、ちょっと。。。と思いますが、こんな選択肢も有る事をちょっと頭の片隅に入れてお読みください。

「Windows 7」が、リリースするちょっと前で、「Windows Vista」モデルのノートパソコンが安売りしていました。 その中でも当時、高スペックのマシンでしたので、友人にお勧めの電話をしたところ、2つ返事で購入することになったしまいました。 そして、「Windows 7が、落ち着いたらOSを入れ替えてやるから」と言っていたの を覚えていやがって。。。。

その前から、「すぐ、調子が悪くなるので、この「Vista」何とかなんないの?」と言われていて。。。「どうにもなんないよ!このOS」と言って、ごまかしていましたが、本人の要望で、とうとう、OSを入れ替えることになりました。

結果、Windows7にしてから。。。。全然、文句が出なくなりました!!!! あら不思議。。。まあ当然か。。。が感想です。

セキュリティソフトとの相性もあまり良くなかったと云う状態もありましたが、お金をケチらずに「Vista」を捨てて、「Windows7」にOSを入れ替えると、すっきりする場合も多々有ります。 事実、「Vista」でそこそこ動くパソコンは、Windows7の方がサクサク動きます。

これは、本人の「価値観」と「経済的」な問題でもありますが、このダメなWindowsの事を色々とこの機会に覚えて、Windows Vistaを使いこなしたいと云う「意識」の有る方は結構だと思いますが、毎回、毎回、調整しないとまともに動かないVistaよりもWindows7にした方が、こまめにメンテナンスする時間が少なく、まともに動く、とお考えに方は、さっさと、Windows7に乗り換えた方が、正解だと思います。

ダメなOS、パソコンを調整しながら、使い続ける苦労って、結構、大変ですよ。

私なら、絶対、嫌です。
例え、調整して、使いこなせる能力があっても。。。。絶対、嫌です。 一番の理由は時間がもったいないからです。

次のページは、2.単純に、メインメモリ容量が足りない場合

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です