Appleが、WWDCで「iOS 9」の一般公開は秋と発表しましたが、一番うれしかったのは「iPad 2」と「iPhone 4s」以降のすべてのデバイスをサポートと云う事です。

6月8日、
Appleが、WWDCで「iOS 9」の一般公開は秋と発表しましたが、一番うれしかったのは「iPad 2」と「iPhone 4s」以降のすべてのデバイスをサポートと云う事です。  他にもたくさんあるのですが、興味のあるリリースニュースのみ、独断と偏見でお伝えします。

Sponsored Links





1.最新版「iOS 9」で、「iPad 2」と「iPhone 4s」以降のすべてのデバイスをサポート

Appleは、iPhone、iPad向けOSの最新版「iOS 9」を今秋にリリースする予定です。

まだ、「iPhone 4s」を使っている方は、大勢いらっしゃると思います。 確かに、電池の持ちは、もう悪くなっていますが、まだ使いたいですよね。

私もタブレットは「iPad 2」を使用していて、電池は大丈夫ですが、「iOS 8」はさすがに重くて、アプリを複数起動していると、すぐに固まりそうになるので、そろそろ「iPad 2」を捨てようかと考えていましたが、「iOS 9」にアップデートしてから判断しようと、密かに期待しています。

Appleが、こうして、古い機種までサポートすると云う事は、歓迎すべきことではないかと思います。

グローバル市場で販売を展開する為には、まだ古い機種を使用している方が多い新興国のユーザーをカバーする必要が有るのでしょう。
日本の様に、2年縛りで、タダ同然でで新型のiPhoneを配っても、ちゃっかり儲けているキャリアの様な存在は無いのでしょう。

2.第6世代の新型「iPod touch」年内にも登場するかもしれません。あくまで予想ですが。

私の場合、iPhoneを使用する前から、「iPod touch」を使用していましたので、なんの違和感も無く、「iPhone5」を使い始めることが出来ました。そうです。。。「iPod touch」は通話機能の無い「iPhone」と同じです。

「iPhone 6 Puls」を使用していますが、もう高価ですので、機能的には「iPod touch」で十分なんです。 通話は、SIMフリーの安いAndroid携帯で十分です。 「iPhone 6 Puls」の2年縛りが終わったら、「iPhone 6 Puls」の通話契約を止めて、「iPod touch」代わりに使おうかとも考えています。 音楽プレイヤーとしてなら、「iPod touch」で十分なんですが、レファレンス端末として使用するなら、やはり画面の大きい「iPhone 6 Puls」が有利。。などと、色々迷います。

3.iOS9に搭載されるニュースアプリ「News」を発表

私の使用しているニュースアプリでも、「SmartNews」、「Gunosy」、「Newsdaily」など、探すと山のようにアプリが存在しましが、Appleの「News」はちょっと違います。

Appleが提供しているモバイルアドネットワークの「iAd」が組み込まれており、「News」アプリ内に配信された自分の記事内に自動的に広告が挿入される仕組みにできるのです。この広告のクリックなどによって記事を配信している媒体や個人に広告売上の70%が入ります。

この配信サービスのスタート時点では、米国、英国、オーストラリアの英語圏3カ国で、日本は対象にはなっていませんが、日本でもサービスが始まるはずです。

4.iOS9では、iPad Air2のみを対象として、マルチタスク機能が搭載

iPad上で2つのアプリを画面上に並べて操作できる「Slide Over」の機能を発表しました。
この機能は、かなり便利だと思います。

2つを表示する画面の割合も自由に変更できる様ですので、古い「iPad2」を新しいのに買い替える気になっています。
Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*