Appleが、macOSの新バージョン「macOS Catalina 10.15」の提供を開始しました。

2019年10月8日、
Appleが、macOSの新バージョン「macOS Catalina 10.15」の提供を開始しました。
前バージョンの「Mojave」からは、「設定アプリ」からアップデートできます。

macOS Catalinaの大きな機能追加は、
■iTunesにあった機能を分散し、iPadから移植した「ミュージック」、「TV」、「Podcast」という3つメディアアプリケーションに分割されて搭載。

■iPadを2台目のディスプレイとして使える「Sidecar」機能も使えるようになった。
但し、この機能は、古い「iPad」しか持っていない人は使えません。
条件は、iPadが「iPadOS 13」をサポートしているモデル(かつ、Apple Pencil対応モデル)であることが条件です。

macOS Catalina

私の場合、「MacBook Air」と「iPad」は、外で使用するために、持ち歩くため、あえて、デスクトップで2画面使うような作業は、鼻から諦めていましたが、ちょっと、リッチに2画面使えると便利かもしれません。

「MacBook Air」と「iPad」両方持っているが、Padが古すぎるため、「Sidecar」機能は使えませんので、急いでアップデートしなくても良いか。。。と思うのですが、他の機能も気になりますので、今日中には、インストールしてみたいと、もくろんでいます。

追記
苦労して、インストールが終了しましたので、ちょっと、使ってみましょう。

1)「ミュージック」、「TV」、「Podcast」の分割
まずは、「iTunes」にあった「ミュージック」、「TV」、「Podcast」が、3つに分割されました。

待てよ、「iTunes」がなくなったら、どうやってiPhoneやiPadのバックアップ取るのか?
「iTunes」経由ではなく、なんと「Finder」からアクセスする仕組みになっていますので、Finderの設定変更をしないと、表示されず見えない場合がありますので、Finderの設定から「CD、DVD、およびiOSデバイス」が有効であることを確認しておきましょう。

まだ、接続して試していませんので、なんとも言えませんが、覚えておかないと、バックアップも取れませんので、使う方は、実施しておいた方が良いでしょう。

・iTunes はどうなったのか  Apple サポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT210200

2)写真アプリ
「写真」アプリが新しくなっています。画面中央上部の「写真」タブが大幅に強化され、「日別」「月別」「年別」タブに表示されている写真や動画は機械学習によりキュレーションされている様です。

3)リマインダーアプリ
iOS 13/iPadOS 13と互換性が取れて、連携されていますので、便利に使えるようになっています。

4)システム環境設定画面
デザインが変更され、iOSの「設定」アプリに似たUIになった。
画面上部には「Apple ID」および「ファミリー共有」が表示される仕組みに変更された。

一般の設定で、外観モード設定に「ライトモード」と「ナイトモード」に加え、自動切り替えモードが追加されています。

アップグレード可能なMac
OS X Mavericks 10.9以降がインストールされた以下のMac。

・iMac Pro (2017) 以降
・iMac (Late 2012) 以降
・Mac mini (Late 2012) 以降
・MacBook Air (Mid 2012) 以降
・MacBook Pro (Mid 2012) 以降
・MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降
・Mac Pro (Late 2013) 以降

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする