米航空宇宙局(NASA)が、火星のインタラクティヴマップ「Mars Trek(マーズトレック)」を公開

米航空宇宙局(NASA)が、火星のインタラクティヴマップ「Mars Trek(マーズトレック)」を公開しました。

Googleの「Google Earth」でも、火星を観ることができますが、NASAの「Mars Trek」はもっと機能が強化されています。

Sponsored Links





米国航空宇宙局(NASA)が、オランダの非営利団体「マーズワン」と提携し、火星への移住希望者を募集した「2030年人類火星移住計画」を知っていますか?

壮大な計画ですが、真剣に研究が進んでいる様です。 大量の物資を火星まで運んで、どうやって着陸するか、が大きな問題になっているそうです。

本当に、住めるようになったとしても、「仙人」にでもなったつもりでないと。。行けませんよね。 それに、地球に戻ってこれないかもしてません。 片道キップです。

最終的には、火星の環境を変更して、地球の様な環境に近づける研究もされています。

冗談ですが、映画「ターミネーター」の様に人工知能に地球を乗っ取られたら、人類は、火星に移住して、また、自ら発明した「人工知能」に火星を乗っ取られ。。。無限ループの様に「ゴキブリ」星人として、永遠に宇宙空間を彷徨い渡り歩く、生命体になるのです。

この地図なら精密ですので、どの辺に、住むか?。。。そろそろ確認しておきましょうか。。。。

・火星の地形データをダウンロードして、「3Dプリンター」で出力することが可能です。

IEで開けませんので、Firefoxなどの他のブラウザで起動してください。
・サイト :NASA Mars Trek
Sponsored Links





コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*