UQコミュニケーションズが、下り最大1Gbpsを超えた通信速度に対応するファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」とホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」25日に発売

2019年1月24日、
UQコミュニケーションズが、下り最大1Gbpsを超えた通信速度に対応するファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」とホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」25日に発売すると発表しました。 

下り最大1.2Gbpsの高速通信を実現する時代になってきました。場所にもよりますが、わざわざ、工事をして光回線を契約する必要もありません。

店頭で契約すれば、1時間くらいで、外出先でも、お家の中でも、すぐに使えるところが、一番です。私の友人でも、光回線なんか引かずに、モバイルWi-Fiルーターで家の外も中でも、使っている方が数名います。

2019年1月26日、家電量販店で見てくましたが、端末は1円で販売していますので、途中で止めても端末代の残金の支払いは有りません。

1.W06

家でも、外でもと云うなら、「Speed Wi-Fi NEXT W06」ですね。

Speed Wi-Fi NEXT W06

大きさ:約128 x 64 x 11.9mm、重さ:約125g。 バッテリー容量は3,000mAh

特長
W06は、5つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーション等により下り最大1.2Gbpsの高速通信を実現するため、データ容量の大きな高画質動画も快適です。

W06の下り最大1.2Gbpsを最大限利用するためには、とクライアント端末との接続をUSBケーブルで行う必要がある。USB 3.0以上対応のType-Cケーブルを使う。

・UQ 商品サイト
https://www.uqwimax.jp/wimax/products/w06/

2.L02

外出先に持ち出さなくてもいいなら、ホームルーター(L02)がお勧め、もちろん工事は不要、契約して、お家で電源を入れれば、すぐ、ネットに繋がります。

Speed Wi-Fi HOME L02

大きさ:約93(W)×178(H)×93(D)mm、重さ:約436g

特長
スマートフォンなどのWi-Fi機器の位置を検知し、対応機器に向けて電波を送信するWi-Fi TXビームフォーミング機能に対応しており、中・弱電界のWi-Fi通信の受信速度が平均約30%向上しています。

スピード
・ハイスピードプラスエリアモード(有料)とLANケーブル接続時、最大1Gbps
・WiFi接続時、最大867Mbps

・UQ 商品サイト
https://www.uqwimax.jp/wimax/products/home_l02/

関連記事
UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+とauの4G LTEに対応したWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」とホームルータ「WiMAX HOME 01」を発表

【新商品】NECが、SIMロックフリーのLTEモバイルルーターに新たにエントリーモデル「Aterm MP01LN」を、3月1日より発売すると発表


Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする