SamsungとHuaweiが、二つ折り画面のAndroidスマートフォンを発表しましたが、この液晶画面の新技術で売れるのか?

バルセロナで開かれる世界最大規模の携帯通信関連見本市「Mobile World Congress 2019」で
SamsungとHuaweiが、二つ折り画面のAndroidスマートフォンを発表しましたが、各社これから続々と投入してくるのでしょうが、この液晶画面の新技術で売れるのか?

すごい価格です!!
Galaxy Fold」が20万円前後、「HUAWEI Mate X」が29万円前後の値段になります。

Foldは内折りタイプ、Mate Xは外折りタイプですが、外折りタイプの方が良いように思います。

いずれの端末も、「iPhone」と「iPad」、又は「MacBook」、Androidのハイエンドの「タブレット」と「スマートフォン」が、セットで買えてしまうくらい高価な端末なのです。

機能的には、通信で云えば5G対応、画面を2つ折りにできるのは画期的なのですが、この値段で、誰が購入するのかと云うところです。

既にタブレットも、薄い板の様になっていますので、大きさ的には、カバンに入れても、あえて邪魔になる訳でもありません。 重量も、スマホは身に付けて使うし、タブレットはカバンの中で500g程度ですので、重さ的には何の問題もありません。

既に、タブレットとスマホが、独立してある中で、1台で済むと云う発想、機能は良いのですが、これを使いこなすまでの成熟したユーザーは、未だに圧倒的に少ないように思います。

スマホ、タブレットとも両方使うと云う人には受けると思いますが、どちらか片方しか使わない人には、なんだか、高い買い物をしてしまうだけで、購入にまで行かない様な気がします。両方の機能があった方が良いと云う人がどれだけいるかですね。

5Gで高速回線になれば、高解像度の「動画」が、一層見やすくなるので、そんな方向しか使い道は無いでしょう。

この画面の2つ折りの技術は、スマホだけではなく、他のWindowsノートパソコンなどで使用すれば、圧倒的に小さなパソコンが出来上がると思うのですがどうでしょう。

「テレビ」の大画面モニターも、折り畳めれば、片手で別の部屋に移動するのが便利になります。

パソコンも画面とキーボード(既に折り畳みが可能)が折り畳めるのであれば、もっと持ち運びに便利な端末が作れると思います。

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください