インターネットイニシアティブ(IIJ)が、国内初のeSIM対応のデータ通信サービスを7月18日から提供を開始

2019年7月4日、
インターネットイニシアティブ(IIJ)が、国内初のeSIM対応のデータ通信サービスを7月18日から提供を開始します。

eSIMサービス自体は、auが「iPhone」の海外通信向けに提供しているが、国内のSIMロックフリー端末向けに提供するのは、「MVNO」でIIJが初めてです。

IIJが、eSIMサービスを提供できるのは、自社でSIMを発行できる「フルMVNO」の形態を利用できるからです。

個人向けモバイルサービス「IIJmioモバイルサービス」において、eSIM対応のデータ通信サービス「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」を提供開始します。

IIJmio、個人向けのeSIMデータ通信サービス

内容
■データ通信専用のプランで、音声通話やSMSは利用できない。
テザリング、LINEは利用可能。

■料金は、6GBで月額1,520円(税抜)。

■対応端末(eSIM対応の端末は、まだ少ないのです)
iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)、iPad Air(第3世代), iPad mini(第5世代)、Surface Pro LTE Advanced。

Apple Watch Series 3/Series 4のセルラーモデルもeSIMを内蔵しているが、こちらは非対応。

■「eSIMデビュー応援キャンペーン」

・第1弾(7月18日~7月31日) :通常3,000円の初期費用が1円。
・第2弾(8月1日~8月14日) :利用開始月の翌月から3カ月間、データ容量を1GB増量。
・第3弾(8月15日~8月28日) :利用開始月の翌月から3カ月間、月額料金を1,000円割引。

・IIJ eSIMプラン
https://www.iijmio.jp/hdd/esim/

追記> 7月5日
IIJ、「iPhone SE」など、中古SIMフリーiPhoneを7月4日より販売開始しています。

iPhone SE、iPhone 7、iPhone 8、iPhone XR、iPhone XSの計5機種12モデル。
※7月5日現在、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 8は品切れ状態でした。
https://www.iijmio.jp/device/iphone.jsp

<補足説明
・eSIMは、自分で調べてね。
・「フルMVNO」とは?

「フルMVNO」は、通常の「MVNO」の様に移動体通信のコアとなるネットワークの一部を、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクといったMNO(Mobile Network Operator)の設備を利用せずに自ら運用したサービス提供を行う事業形態です。

特に加入者管理機能(HLR/HSS)を自ら運用し、国際的な移動体通信における識別子であるMNC・IMSIを保有する独立した通信事業者となります。

Sponsored Links




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください